アサヒ・コム
検索使い方
キーワード入力

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe



The Asahi Shimbun Asia Network

 ホーム | 一線から | コラム | アジア人記者の目 | AAN発 | 書評 | リンク | English
書評
アジア関連書籍の紹介です
『伊藤博文と韓国併合』  海野福寿 青木書店 2625円

自治植民地目指した?元老政治家

評者・佐柄木俊郎(ジャーナリスト)

「馬鹿な奴(やつ)だ」。ハルビン駅頭で狙撃された前韓国統監の伊藤博文は「犯人は韓国人」と聞き、虫の息でそう呻(うめ)いたという。著者は、狙撃者安重根(アンヂュングン)との架空対話で、伊藤にその意味を語らせる。

「君は私がいなくなれば、日本の韓国侵略の手綱がゆるむと考えていただろう。それは逆だ。私のうしろには、韓国を踏み台にして大陸に攻めのぼろうとして、うずうずしている軍人集団がいたのだよ。(中略)彼ら軍人が併合を実行するために私を消したのだ」

韓国人にとって伊藤博文は秀吉と並ぶ「侵略国日本」のシンボルだ。日露戦争終結の一九〇五(明治三八)年、軍隊の威圧下で第二次日韓協約を調印させて韓国を保護国化し、自ら初代の統監となった「悪役」であり、その四年後に伊藤殺害を実行した安重根は、民族の恨みを晴らした「義士」に他ならない。

本書は、その伊藤のイメージを多少とも修正する点で刺激的である。首相や枢密院議長を四度も務めた元老政治家伊藤は国際協調重視派で、大陸への膨張を企図して韓国の直轄植民地化を急ぐ山縣有朋(やまがたありとも)や桂太郎、寺内正毅(まさたけ)ら陸軍軍閥とはしばしば対立した。このことはよく知られているが、著者はさらに進めて、伊藤が併合には賛成しつつ、武断的な統治ではなく、国名が残り、一定の行政権・立法権を持つ「自治植民地」を目指していたと見る。支配には被支配者の内面的合意が必要であり、それを育成するのが先決、の漸進論だったというのだ。

伊藤の死を待ったかのように、事態は急展開する。半年後には寺内が初の軍人統監に就任し、その三か月後、一九一〇年のまさに今日、「韓国皇帝陛下は一切の統治権を完全且(か)つ永久に日本国皇帝陛下に譲与す」(併合条約第一条)るのだ。

歴史にイフをいっても仕方がないが、伊藤暗殺なかりせば、昭和に至る軍国日本の足取りはいくらか違ったものになったか、と想像できなくもない。ちなみに著者は、安とは別に日本軍閥関係者が関与した二重狙撃説を示唆する。一部に根強くある主張で大変に面白いが、資料は十分でなく、未消化の感は否めない。

うんの・ふくじゅ 31年生まれ。明治大学名誉教授。著書に『韓国併合史の研究』など。

▼バックナンバーへ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission