アサヒ・コム
検索使い方
キーワード入力

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe



The Asahi Shimbun Asia Network

 ホーム | 一線から | コラム | アジア人記者の目 | AAN発 | 書評 | リンク | English
書評
アジア関連書籍の紹介です
『北京&東京 報道をコラムで』  加藤千洋 朝日新聞社 1470円

中国に対する深い理解と鋭い洞察

評者・武田佐知子(大阪外国語大学教授=日本史)

テレ朝「報道ステーション」のコメンテーター加藤千洋さんは、エッセイの名手でもある。たとえば北京の古物市場、「鬼市」を覗(のぞ)いた一文からは、まるで現地ルポのマイクを握っているような、雑踏の喧噪(けんそう)までが、確かに聞こえてくる。

今、北京の人が「鬼市」というと、週末だけ、ブローカーや農民が全国から集まって、がらくたや古書、骨董(こっとう)を商う古物市場のことなのだそうだ。「ほぼ偽物なのでそのつもりで」と忠告されたというが、夜の明けないうちから市が立つといい、「闇市」さながらである。

「鬼市」というと私がピンとくるのは、古代中国の史料に出てくるそれである。文化人類学でいう「沈黙貿易」のことを指し、古くはヘロドトスの『歴史』にも登場する、言葉の通じない民族同士が、無駄な軋轢(あつれき)を避けるため、無言で物々交換をする営為である。漢民族は、鬼が集まって市を開き、あたかも人のように貿易に従事すると考え、「鬼市」と呼んだらしい。夜半から鶏が鳴くまでの暗闇の中で行われたとのことだから、やはり「闇市」でもあるのだろうか。そんなことをつらつら考えながら読み進む。加藤さんが、共産党中央から流出したらしい「機密」の但(ただ)し書きのある、林彪一派の幻のクーデター計画を入手したという骨董市も、この「鬼市」だったのだろうか。

加藤さんは東京外語大中国語科の出身だそうで、得意の語学を駆使して裏通りをくまなく歩いている。等身大感覚の、温かく鋭いまなざしが、特派員として北京駐在中、トウ小平死去のスクープを掌中にさせたのでもあろう。

突然敷かれた交通規制の中、黒塗り高級車が続々と詰めかける病院の前には、野次馬(やじうま)が数十人集まっていたが、記者は一人も、中国人記者すらいなかったという。さらにトウ小平が息を引き取った病院から最後に走り去った高級車に江沢民が乗っていたと喝破する。中国では古来、後継者は死の床にある先王の遺言を聞き漏らさぬよう最後まで枕頭(ちんとう)にはべり、最後に引き揚げるものだからだそうだ。

中国に対する深い理解と洞察がなくては、特ダネは取れないのだと実感する。

     *

かとう・ちひろ 朝日新聞編集委員。テレビコメンテーター。著書に『胡同の記憶』など。

▼バックナンバーへ

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission