アサヒ・コム
検索使い方
キーワード入力

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe



The Asahi Shimbun Asia Network
 ホーム | 一線から | コラム | アジア人記者の目 | AAN発 | 書評 | リンク | English
書評
アジア関連書籍の紹介です

『オーマイニュースの挑戦 韓国「インターネット新聞」事始め』 呉連鎬著 太田出版・1890円

紙新聞と戦った足跡 軽妙な筆致で

評者・佐柄木俊郎(国際基督教大学客員教授)

韓国で世論形成の新たな担い手として五年前に登場し、盧武鉉(ノムヒョン)大統領誕生の原動力になったインターネット新聞のことは、日本でもようやく知る人が増えてきた。「市民みんなが記者」を合言葉に「保守的な紙新聞」と戦ったその足跡を、軽妙な筆致で綴(つづ)ったベストセラーの翻訳である。

著者はそれを発案し、主宰してきた四十代の元雑誌記者。いまや社員六十七人、市民記者三万六千人になった世界最大のネット新聞の成功物語は、明るい刺激と教訓に満ち、未来メディアへの想像をかきたてる。世界新聞協会の大会にゲストとして招かれ、ソウルの本社に視察の人波が絶えないのは、読者の頭打ちに悩む旧来メディアの危機意識の表れでもあろう。

「オーマイに続け」と、日本でも市民参加型ネット新聞は増えつつある。しかし、まださほどの伸長がみられないのは、若者世代に著者のいう「準備された市民」が乏しい故だろうか。

▼バックナンバーへ

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission