現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. 人民日報
  5. 記事

国内初、3G用クロスメディア動画共有アプリが登場

2012年7月27日14時9分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 中国聯通(チャイナ・ユニコム)福建分公司と福建省広播影視(ラジオ・テレビ・映画)集団・テレビニュースチャンネルは25日午後、3G用アプリ新製品の発表会を行い、国内初のクロスメディア動画共有アプリ「F4沃拍」を発表した。会場では2004年アテネ五輪の重量挙げ金メダリスト・石智勇氏が「F4沃拍」を使い、ロンドンの特派員とライブ中継を行った。中国新聞網が報じた。

 中国聯通福建分公司と福建省広播影視集団は同日、協力協定を結んだ。聯通の3Gユーザーは携帯に「F4沃拍」をインストールすることで、身近に起こったニュースや事件を撮影し、福建省広播影視集団テレビニュースチャンネルに送信することができる。テレビニュースチャンネルは厳しい審査・チェック・編集を経て、これらのニュースを即時「放送」し、新メディアと伝統メディアの真の意味での融合を実現する。

 「F4沃拍」は、ユーザーが「メディアを見る側」から「個人メディア」へと変身するのを後押しし、伝統メディアが一刻も早くニュース現場に到着するのを手助けする。

 福建省広播影視集団・テレビニュースチャンネルの王智辛キャスターは、「F4沃拍は伝統メディアのニュース情報収集範囲を拡大するだけでなく、ニュースの視点をより国民に近づけるのに役立つ。まさに『全民記者』という概念が現実になった」と語った。

 北京五輪重量挙げ金メダリスト・張湘祥氏らによるロンドン五輪特別撮影チームは五輪期間中、「F4沃拍」を使って五輪の最新情報を届ける。

Copyright 2009 人民日報 記事の無断転用を禁じます。
PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集