現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. 人民日報
  5. 記事

測量衛星「資源3号」が稼動

2012年7月31日14時43分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 国家国防科技工業局は30日、中国初となる高解像度の光学立体測量衛星「資源3号」の軌道上での引き渡し式を行った。衛星は研究開発を担当した航天科技集団からメインユーザーである国家測量地理情報局に引き渡された。同局の他にも、国土資源部、建設部、水利部、農業部、国家海洋局などが同衛星のデータを利用し、国民経済の建設に役立てる。人民日報が報じた。

 「資源3号」は今年1月9日に太原衛星発射センターから打ち上げられた。軌道上でのテストの結果、衛星システムの機能と性能は開発時の要求を全面的に満たし、要となる項目は要求された指標を上回り、測位精度は世界先進レベルに達している。

 「資源3号」衛星は、中国のリモートセンシング衛星技術における数々のボトルネックを突破し、多項目で中国一を実現した。同衛星は中国の測量地理情報事業の発展を大きく推進し、都市建設、農林・水利、生態環境モニタリングなどの分野に向け、安定的な衛星リモートセンシングデータを提供する。

Copyright 2009 人民日報 記事の無断転用を禁じます。
PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集