現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. 国際
  4. 人民日報
  5. 記事

中国南車 トルコの地下鉄プロジェクトを落札

2012年8月3日14時15分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 中国南車株式有限公司が1日明らかにしたところによると、同公司はこのほどトルコの首都アンカラの地下鉄車両プロジェクトを落札し、契約金額は25億元に上るという。中国の軌道交通設備産業が欧州市場で落札した契約としては過去最大のもので、中国の欧州に向けた地下鉄車両製造技術の輸出の先鞭をつけるものとなった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 中国南車の海外市場での発展の歩みが加速している。2011年には海外での売上高が60億元を超えて前年比162%増加した。11年の大幅増加を土台として、今年上半期の海外売上高は再び大幅な増加を遂げ、売上高は50億元を超えて、前年同期比100%増加した。

 今年上半期、中国南車はマレーシアの地下鉄アンパン線の車両、カザフスタンの内燃機関車64台、香港地区の時速350キロメートルの高速動力車ユニットをそれぞれ受注し、今年契約した海外での受注額は12億ドルに迫り、同100%増加した。

 トルコ・アンカラの地下鉄車両は、トルコ運輸通信省・鉄道・港湾・空港建設総局(DLH)が世界規模で行った入札を受けて受注したものだ。アンカラの地下鉄車両はすべてステンレスの車体構造を採用しており、今回受注した車両は外観やインターフェース技術を既存の車両に合わせると同時に、設計ではモジュール化、標準化、軽量化を採用し、車両の信頼性を高めると同時に、ライフサイクルコストの引き下げをはかるという。車両内部は高さ2.3メートルで、身長の高い欧州の人々にふわさしいサイズになる。最高営業時速は80キロメートル、最小回転半径は80メートル、3両編成で最大定員は1千人を上回る。第一期納入の15両は契約調印から20カ月以内に引き渡しされ、残りは39カ月以内に引き渡しされる予定だ。引き渡しが終われば、アンカラ市内を貫いて走る4本の地下鉄主要ラインで乗客を運ぶことになる。

 関連資料の統計によると、中国南車の関連会社・南車株洲電力機車有限公司がトルコ・イズミル市の軽軌道列車2号線に提供した列車は、今年3月に営業運転をスタートして以来、安全に運営した距離が2万キロメートル、輸送した乗客はのべ200万人を超えて、現地の交通問題を解決する重要な軌道交通ツールになったという。

Copyright 2009 人民日報 記事の無断転用を禁じます。
PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介
  • 中国特集