写真・図版 6月17日、日本政府観光局(JNTO)が発表した5月の訪日外国人客数は、前年同月比99.9%減の1700人となり、JNTOが統計を取り始めた1964年以降で過去最少となった。写真は羽田空港で4月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[PR]

 [東京 17日 ロイター] - 日本政府観光局(JNTO)が17日に発表した5月の訪日外国人客数は、前年同月比99.9%減の1700人となり、JNTOが統計を取り始めた1964年以降で過去最少となった。

 

 新型コロナウイルス感染症の拡大で多くの国で渡航制限措置がとられたことなどから、22市場全てで訪日客数がほぼゼロに近い数字となった。前年を下回るのは8カ月連続。

 中国からの訪日客は同100.0%減の30人。韓国は同100.0%減の20人だった。

 

 観光局は「新型コロナウイルス感染症の拡大により世界的に旅行需要が停滞しており、感染症の推移とともに今後の市場動向を注視していく必要がある」としている。

 

 田端浩観光庁長官は会見で、今後、移動に対する制限が緩和されたら、まずは感染症対策をとりながら、国内旅行の需要喚起に努めたいと述べた。近日中に宿泊業、旅行業の業界団体が安全・安心な旅行のためのガイドラインを示すという。

 また、2020年に訪日外国人客数4000万人を目指すとしていた従来の政府の目標について「新型コロナの影響により世界的に旅行需要が失われたが、日本の持つ魅力が失われたのではない。高みを目指すことには意義があるので、政府・官民一丸となって全力で取り組んでいきたい」との見解を示した。

 *内容を追加して再送します。

 

 (宮崎亜巳 グラフ作成:照井裕子 編集:山川薫)