写真・図版韓国の予備的調査によると、新型コロナウイルス感染症を発症した患者10人のうち9人が、回復後に疲労や心理的後遺症、嗅覚・味覚障害などの副作用が出ているという。29日撮影(2020年 ロイター/KIM HONG-JI)

[PR]

 [ソウル 29日 ロイター] - 韓国の予備的調査によると、新型コロナウイルス感染症を発症した患者10人のうち9人が、回復後に疲労や心理的後遺症、嗅覚・味覚障害などの副作用が出ているという。

 新型コロナ感染症の患者965人を対象としたオンライン調査によると、91.1%に当たる879人が1つ以上の副作用を起こしていた。副作用の中で最も多かったのは疲労で26.2%。次いで集中力の低下で24.6%だった。

 詳細な分析結果は近いうちに発表されるという。