イタリア映画祭2021

東京4.30[金]~5.5[水・祝] ユーロライブ 大阪6.5[土]・6[日] ABCホール オンライン1部:5.13[木]~6.13[日] 2部:6.17[木]~7.18[日]

オンライン上映

第1部5.13[木]~6.13[日] 第2部6.17[木]~7.18[日]
ここでしか見られない
作品をそろえました
好きなときに
全国どこからでも見られます
新作、俳優、喜劇、短編など
好みに合わせて
全作品日本語字幕付き ※日本国内でのみ視聴可能(海外からのご視聴はできません)
※イタリア映画祭のオンライン上映を初めて体験される方は、視聴できるかどうかの確認のために、無料の短編からの視聴をおすすめします。

過去作

輝ける青春

輝ける青春

[2003年/366分]原題:La meglio gioventu
監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演:ルイージ・ロ・カーショ、アレッシオ・ボーニ、アドリアーナ・アスティ、マヤ・サンサ、ジャズミン・トリンカ
『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』『ペッピーノの百歩』のジョルダーナ監督が1960年代から現代までのイタリアの一家族を描いた、6時間を越す叙事詩。イタリアでは『1900年』の続編と言われた。フィレンツェの大洪水、トリノの学生運動、赤い旅団のテロなどを背景に、4人の子供たちが歩むそれぞれの道をイタリア全土で撮影。ニコラ役のルイージ・ロ・カーショ(『靴ひも』)が渾身の演技。母親役のアドリアーナ・アスティ(『革命前夜』)も懐かしい。2003年カンヌ映画祭批評家週間最優秀賞、欧州各地でヒットした。
※第一部と第二部に分けて配信。各800円/ストリーミング期間72時間
ローマの人々

ローマの人々

[2003年/93分]原題:Gente di Roma
監督:エットレ・スコーラ
出演:ジョルジョ・コランジェリ、アントネッロ・ファッサーリ、ヴァレリオ・マスタンドレア
『特別な一日』の巨匠エットレ・スコーラが、"永遠の都"ローマに生きる普通の人々を追いかけた軽快な喜劇。バスの中のおかしな人々、浮浪者同士の喧嘩、ビンゴ会場の人々、養老院の中、年老いた父親と夕食をレストランで共にする息子など、早朝から深夜までの20以上のエピソードが語られる。それらをつなぐのはオレンジ色のバス。ステファニア・サンドレッリが実名で登場するほか、ナンニ・モレッティの集会演説のシーンなども挟み込まれている。
※800円/ストリーミング期間72時間
やがて来たる者へ

やがて来たる者へ

[2009年/117分]原題:L'uomo che verrà
監督:ジョルジョ・ディリッティ
出演:アルバ・ロルヴァケル、マヤ・サンサ
第二次世界大戦末期にボローニャ近郊のある山村で起こった虐殺について、一人の少女とその家族を物語の中心に据えて描いたジョルジョ・ディリッティ監督(『私は隠れてしまいたかった』)の長編第2作。貧しい農家の一人娘である8歳のマルティナは、弟を生まれたばかりに亡くし、それ以来誰とも話さなかった。1943年冬、ついに母は妊娠し、マルティナと家族は新しい子の誕生を待ち望む。だが、村やその周囲でパルチザンとドイツ軍の戦いは次第に激しさを増していった。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最優秀作品賞を、ローマ国際映画祭で審査員賞と観客賞を受賞。
※800円/ストリーミング期間72時間
ピューマ

ピューマ

[2016年/98分]原題:Piuma
監督:ロアン・ジョンソン
出演:ルイージ・フェデレ、ブルー・ヨシミ
ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に選ばれたロアン・ジョンソン監督の第3作は、予期せぬ事態に右往左往しながらも奮闘するティーンエージャーが主人公のコメディー。フェッロとカテは、他の同世代とたいした違いはない普通の18歳のカップルだった。だが高校卒業を間近に控えた矢先に、妊娠が発覚。産むことを決意する二人だが、それぞれの両親の生活環境や考えの違いをはじめ、問題は山積。はたして嵐のような9カ月間を二人は無事、乗り越えられるだろうか?
※800円/ストリーミング期間72時間
愛のために戦地へ

愛のために戦地へ

[2016年/99分]原題:In guerra per amore
監督:ピエルフランチェスコ・ディリベルト
出演:ピフ、ミリアム・レオーネ、アンドレア・ディ・ステファノ
デビュー作『マフィアは夏にしか殺らない』が興行、批評の両面で成功を収めたディリベルト監督の2作目は、史実やアイロニーが絶妙に盛り込まれたロマンチック・コメディー。戦時中の1943年、ニューヨーク。レストランで働くシチリア移民のアルトゥーロは、オーナーの姪フローラと相思相愛だが、フローラには許婚がいた。アルトゥーロは、シチリアに住むフローラの父から結婚の賛成を得るために米軍に入隊。シチリアに赴任するが、のさばっているマフィアから命を狙われることになる。ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞でヤング・ダヴィッド賞を受賞した。
※800円/ストリーミング期間72時間
俺たちとジュリア

俺たちとジュリア

[2015年/115分]原題:Noi e la Giulia
監督:エドアルド・レオ
出演:ルカ・アルジェンテーロ、エドアルド・レオ、クラウディオ・アメンドラ、アンナ・フォリエッタ、ステファノ・フレージ、カルロ・ブッチロッソ
喜劇俳優としておなじみのエドアルド・レオ(『いつだってやめられる』シリーズ)が監督した痛快コメディー。人生につまずいた中年のディエゴ、ファウスト、クラウディオの3人は大きな農家を共同購入し、ホテルにリノベーションして再起を図る。激しい気質のセルジョと妊娠中のエリーザが加わり、妙なチームワークで順調に準備が進む。しかし、クラシックカー「ジュリア」に乗った犯罪組織の一員の出現で、事態は思わぬ方向に転がる。イタリアのゴールデン・グローブ賞で最優秀コメディー賞を受賞。
※800円/ストリーミング期間72時間
僕たちの大地

僕たちの大地

[2014年/100分]原題:La nostra terra
監督:ジュリオ・マンフレドニア
出演:ステファノ・アッコルシ、セルジョ・ルビーニ
『人生、ここにあり!』が大きな感動を呼び起こしたジュリオ・マンフレドニア監督による本作は、協同組合に実際に起きた出来事を基にしたコメディー。南イタリア、プーリアの小さな村では、マフィアから接収した土地で協同組合が有機農業を始めようとしていた。助けを請われて、反マフィア活動に取り組むフィリッポが協同組合に加わる。フィリッポと個性的な仲間たちの前に様々な問題が立ちはだかるが、乗り越えて目標に向かっていこうとする。マフィアの脅しに屈せず、自分たちの土地を守ろうとする人々の勇気が胸を打つ。
※800円/ストリーミング期間72時間
フォルトゥナータ

フォルトゥナータ

[2017年/103分]原題:Fortunata
監督:セルジョ・カステッリット
出演:ジャズミン・トリンカ、ステファノ・アッコルシ、アレッサンドロ・ボルギ
名優の一人で、監督としても活躍するセルジョ・カステッリットの第6作で、幸せを求めて夢を実現するために奮闘する女性の物語。「幸運」を意味する名前にもかかわらず、フォルトゥナータの結婚生活は夫の暴力で破綻し、離婚が間近だった。独立して生きるために美容師の闇の仕事を懸命にこなし、自分の店を持つことに順調に突き進んでいたが、一人娘が心理カウンセリングを受け始める医師との出会いが運命を変える。カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でジャズミン・トリンカ(『泣いたり笑ったり』)が最優秀女優賞を受賞。
※800円/ストリーミング期間72時間
われらの子供たち

われらの子供たち

[2014年/92分]原題:I nostri ragazzi
監督:イヴァーノ・デ・マッテオ
出演:アレッサンドロ・ガスマン、ルイージ・ロ・カーショ、ジョヴァンナ・メッゾジョルノ
『幸せのバランス』に続き、デ・マッテオ監督が選んだテーマは家族。売れっ子弁護士と献身的な小児科医の兄弟は、気質も生き方も対照的で、妻同士も争いが絶えない。しきたりに従って月に1回は高級レストランに集まる4人だが、ディナーの席でも会話はかみ合わない。そんな二つの家族に重大な問題が起こり、難しい選択を迫られることになる。アレッサンドロ・ガスマン(『泣いたり笑ったり』『憎むなかれ』)、ジョヴァンナ・メッゾジョルノ(『靴ひも』)、ルイージ・ロ・カーショ(『靴ひも』)、バルボラ・ボブローヴァの豪華キャストが円熟の演技を見せる。
※800円/ストリーミング期間72時間
レオパルディ

レオパルディ

[2014年/137分]原題:Il giovane favoloso
監督:マリオ・マルトーネ
出演:エリオ・ジェルマーノ、イザベッラ・ラゴネーゼ、ミケーレ・リオンディーノ
マルトーネ監督の本作は、前作『われわれは信じていた』と同じ19世紀を舞台に大詩人、ジャコモ・レオパルディの激しい人生をたどる。幼い頃から神童ぶりを発揮するジャコモだが、身体に障害があり厭世的で、詩人として不遇な人生を送ったとされる。だが映画は、自由と愛を希求し、いつまでも親友に支えられて幸せな時間を過ごした姿も色濃く映す。詩人役のエリオ・ジェルマーノ(『私は隠れてしまいたかった』『悪の寓話』)が圧巻の演技を披露し、本作はイタリアで大ヒットした。撮影はレナート・ベルタ。ヴェネチア国際映画祭コンペ部門出品。
※800円/ストリーミング期間72時間

短編

フィオーリ、フィオーリ、フィオーリ!

フィオーリ、フィオーリ、フィオーリ!

[2020/12分]原題:Fiori, fiori, fiori!
監督:ルカ・グァダニーノ Luca Guadagnino
『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督が、新型コロナウイルスの感染拡大によるロックダウンの最中に生まれ故郷のイタリア・シチリア島でスマートフォンやタブレットで撮影した短編ドキュメンタリー。監督は子供時代の友人たちを訪ね歩き、全世界が一つになったこの特別な日々を彼らがどのように生き抜いているかを記録するとともに、監督自身のルーツを見いだそうとする。
※無料/ストリーミング期間72時間
あなたの不幸はわたしの幸せ

あなたの不幸はわたしの幸せ

[2017/12分]原題:Io sì, tu no
監督:シドニー・シビリア Sydney Sibilia
出演:グレタ・スカラーノ、リーノ・グァンチャーレ
『いつだってやめられる』シリーズが日本でもスマッシュヒットしたシドニー・シビリア監督による抱腹絶倒の短編コメディー。1981年生まれの監督が属する若い世代の就職活動をめぐる厳しい状況から作品は生まれた。主人公は学歴や資格にもかかわらず、仕事を見つけるのに苦労している若者のフランチェスカとマルコ。数少ない職を得るために、2人はお互いに巧妙な手段でライバルを出し抜こうとする。
※無料/ストリーミング期間72時間

新作

泣いたり笑ったり

泣いたり笑ったり

[2019/100分]原題:Croce e delizia
監督:シモーネ・ゴダノ Simone Godano
出演:アレッサンドロ・ガスマン、ジャズミン・トリンカ、ファブリツィオ・べンティヴォッリョ
シモーネ・ゴダノ監督の第2作は、LGBTQを題材にしたコメディー。ガスマン、トリンカ、ベンティヴォッリョと華やかな出演者が並び、エンターテインメントに仕上がっている。裕福でオープンマインドだが利己的なカステルヴェッキオ家と、保守的な価値観を持つ労働者階級のペターニャ家。対照的な家族が海辺の別荘で一緒に夏の休暇を過ごすことになる。それぞれの家族の長であるトニとカルロだけが知っている秘密があり、それが明らかになると騒動が巻き起こる。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
もしも叶うなら

もしも叶うなら

[2019/100分]原題:Magari
監督:ジネヴラ・エルカン Ginevra Elkann
出演:リッカルド・スカマルチョ、アルバ・ロルヴァケル
女性監督ジネヴラ・エルカンのデビュー作は、スター俳優のスカマルチョとロルヴァケルを迎えた切なくもコミカルな家族ドラマ。両親が離婚し、パリで母と暮らすジャン、セバスティアーノ、アルマの3兄妹は、休暇でローマに住む父を訪れることになる。魅力的だが奔放な気質の父。8歳の少女アルマは両親が仲直りすることを願っているが、はたしてその日は来るのだろうか?デビュー作にして、ロカルノ国際映画祭のピァッツァ・グランデのオープニング上映に選ばれる栄誉に浴した。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間

ソーレ-太陽-

[2019/102分]原題:Sole
監督:カルロ・シローニ Carlo Sironi
出演:サンドラ・ジマルスカ、クラウディオ・セガルッショ
カルロ・シローニ監督のデビュー作は養子縁組と人身売買の物語で、親子の関係や親になることについて問いかける。貧乏なエルマンノと、赤ちゃんを売るためにイタリアに来た妊娠7カ月のポーランド人のレナ。2人は見知らぬ関係だったが、子供を望む叔父が親戚間の養子縁組で新生児を譲り受けるために、エルマンノは父親のふりをすることになる。ヴェネチア国際映画祭での受賞を皮切りに世界約40カ国の映画祭で上映され、ヨーロッパ映画賞ではEuropean Discovery(最優秀長編初監督賞)を受賞した。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
こどもたち

こどもたち

[2020/97分]原題:Figli
監督:ジュゼッペ・ボニート Giuseppe Bonito
出演:パオラ・コルテッレージ、ヴァレリオ・マスタンドレア、ステファノ・フレージ
イタリア映画祭でおなじみの人気俳優コルテッレージとマスタンドレアが、子育てに奮闘しながらも翻弄される夫婦を演じるコメディー。一人娘のアンナと幸せな生活を送っていた共働き夫婦のサラとニコラは、2人目の子供ピエトロを授かることになる。第2子を持つ生活の大変さを友人らから聞いていたもののなんとか乗り切れると思っていた夫婦だが、いざ4人の生活が始まると、自分たちが思うようには物事が進まない。周囲の助けもなかなか得られず、家族のバランスは崩れていく。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
私は隠れてしまいたかった

私は隠れてしまいたかった

[2020/120分]原題:Volevo nascondermi
監督:ジョルジョ・ディリッティ Giorgio Diritti
出演:エリオ・ジェルマーノ、オリヴェル・ヨーハン・エーヴィ
寡作な監督、ジョルジョ・ディリッティ(『やがて来たる者へ』)の長編4作目。20世紀素朴派の重要な画家で、ゴッホの名前も引き合いに出されることもあるアントニオ・リガブエの数奇な生涯をたどる。イタリア人移民の子としてスイスに生まれるが、本人の意に反してイタリアに追放される。貧困にあえぎ、時には精神を病むことがありながらも、芸術への情熱は絶やさずに独自の道を歩み続ける。リガブエに扮したエリオ・ジェルマーノが圧巻の演技を披露し、ベルリン国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
悪の寓話

悪の寓話

[2020/98分]原題:Favolacce
監督:ディンノチェンツォ兄弟 Fratelli D’Innocenzo
出演:エリオ・ジェルマーノ、バルバラ・キキャレッリ
新しい世代の台頭を予感させる1988年生まれで双子のディンノツェンツォ兄弟の長編第2作は、とりたてて変わったことはなさそうな日常が徐々に壊れていく群像劇。ローマ郊外、夏。近所と程良い関係を築き、息子と娘が成績優秀なプラチド家には特に問題がなく、普通の家族のように見える。だが、実のところは子供たちに無関心だったり、父親にはサディスティックな傾向があったりし、周囲の大人たちの醜悪さを見抜いている子供たちは大胆な行動を取る。ベルリン国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
※視聴可能な人数に制限があり、制限を超えた時点で配信終了となります。
我らの父よ

我らの父よ

[2020/121分]原題:Padrenostro
監督:クラウディオ・ノーチェ Claudio Noce
出演:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、バルバラ・ロンキ
監督の実体験を基にしつつ、想像の要素も巧みに盛り込んで普遍的な物語に昇華させたクラウディオ・ノーチェ監督(『アイス・フォレスト』)の長編第3作。ローマ、1976年。10歳のヴァレリオは、警察幹部の父が自宅前でテロリストに襲撃されるのを目の当たりにしてしまう。壮絶な現場の記憶がぬぐえず心に傷を負うヴァレリオだが、素性が分からない不思議な少年クリスティアンと出会い、人生が変わっていく。主演のファヴィーノが、ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞した。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
憎むなかれ

憎むなかれ

[2020/95分]原題:Non odiare
監督:マウロ・マンチーニ Mauro Mancini
出演:アレッサンドロ・ガスマン、サラ・セッラヨッコ
マウロ・マンチーニ監督の長編第1作は、ユダヤ人とネオナチの予期せぬ出会いと関わりを通して憎悪の連鎖や償いについて描くドラマ。トリエステに暮らす裕福なユダヤ人外科医のセグレは、カヤックで運動中に車の交通事故を目撃する。瀕死の状態の運転手を助けようとするが、胸に彫られたナチスのタトゥーに気づき、救いの手を止めてしまう。運転手は亡くなり、罪悪感にとらわれたセグレは遺族を突き止めようとするが……。ヴェネチア国際映画祭の批評家週間でFrancesco Pasinetti Awardを受賞。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
靴ひも

靴ひも

[2020/100分]原題:Lacci
監督:ダニエーレ・ルケッティ Daniele Luchetti
出演:アルバ・ロルヴァケル、ルイージ・ロ・カーショ、ラウラ・モランテ
名匠ルケッティ(『ローマ法王になる日まで』『ワン・モア・ライフ!』)の最新作は、いびつな関係だが愛と絆によってつなぎとめられる家族の物語。ナポリ、1980年代初頭。息子と娘を持つ夫婦の平穏な暮らしは、夫が浮気を告白したことで終わりを告げる。夫は家を出て、残された妻と子供たちは不在の夫の影に翻弄される。夫婦役のロルヴァケルとロ・カーショに加えて、L・モランテ、S・オルランド、G・メッゾジョルノら豪華キャストが出演。ヴェネチア国際映画祭オープニング作品。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間
※購入可能期間は5月13日~5月30日です。
※視聴可能な人数に制限があり、制限を超えた時点で配信終了となります。
略奪者たち

略奪者たち

[2020/109分]原題:I predatori
監督:ピエトロ・カステッリット Pietro Castellitto
出演:マッシモ・ポポリツィオ、マヌエーラ・マンドラッキア
名優セルジョ・カステッリットを父に持つ1991年生まれのピエトロ・カステッリットの監督第1作。相反する社会的背景を持つローマの二つの家族の出会いと衝突をブラックな笑いで包んだ本作は、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門の脚本賞を受賞し、鮮烈なデビューを飾った。ブルジョアでインテリ層のパヴォーネ家と、プロレタリアートでファシストのヴィズマーラ家。別々の世界を平行して生きてきた両家がある交通事故によって交わることから、不穏な出来事が連鎖していく。
※第1部でのみ配信/1,500円/ストリーミング期間72時間

料金・視聴方法

料金 新作:各1,500円(税込み)
過去作:各800円(税込み)
短編:いずれも無料
購入可能期間 ◎新作
2021年5月13日(木) 12:00~6月13日(日) 23:59
◎過去作
2021年6月17日(木) 12:00~7月18日(日) 23:59
◎短編
2021年5月13日(木) 12:00~6月13日(日) 23:59
2021年6月17日(木) 12:00~7月18日(日) 23:59
視聴可能期間 購入後72時間
視聴推奨環境
【スマートフォン、タブレット】
  • iOS 11.0以降 (Safari最新バージョン)
  • iPadOS 13 (Safari最新バージョン)
  • Android OS 6.0以降 (Google Chrome最新バージョン)
【パソコン】
  • Windows 8.1(最新バージョンのGoogle Chrome、Firefox)またはWindows10(最新バージョンのGoogle Chrome、Safari、MS Edge、Firefox)
  • MacOS 10.9以上(最新バージョンのGoogle Chrome・Safari・Firefox)
注意事項
  • 全作品日本語字幕付き。日本国内でのみ視聴可能(海外からのご視聴はできません)
  • 「靴ひも」の購入可能期間は5月13日~30日です。
  • 「悪の寓話」「靴ひも」は視聴可能な人数に制限があり、制限を超えた時点で配信終了となります。
  • 視聴するには各作品の「視聴はこちらから」をクリックしてください。リンク先の申込ページで購入の手続きをするにあたっては、クレジットカードのご用意と朝日IDの取得が必要になります。
  • インターネットの回線速度が充分でない場合や、ご利用端末の状態によって快適な視聴が難しいこともございます。安定した通信環境下でご利用ください。
このページの上部へ