現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミオススメ

足だけ混浴、「たらい喫茶」が人気

2007年07月25日

 長野県阿智村昼神温泉の旅館「山翠」にある「たらい喫茶」が好評だ。大きなたらいに湯を張ってテーブルを置き、湯に足をつけながらコーヒーやビールを飲んでくつろいでもらう趣向。足だけなら「男女混浴」も可能で、泊まり客と日帰り客が訪れては、湯と喫茶の一石二鳥を楽しんでいる。

写真たらいの湯に足をつければ、ゆったり気分で話もはずむ=阿智村の旅館「山翠」で

 作ったのは5年ほど前。上原政起社長(71)が「ただ温泉に行って来ましたじゃ、物足りない。お客さんに何か土産話を提供しなくては」と、旅人が昔、旅館の玄関でたらいで足を洗う風習からヒントを得た。

 縦2.7メートル、横1.2メートルの楕円(だえん)形のたらいは、木曽五木の一つのサワラ。テーブルはヒノキだ。南木曽町の木工所に特注した。楕円形なのは大勢の人が座れるようにしたかったためといい、周りに高さ20センチほどの丸太のイスを置いた。ゆっくり入れるよう、湯温を40度以下にしている。

 プールと思ってか、たらいの中で泳ぐ小さな子どもがいたり、午後9時の「閉店」ぎりぎりまで語り合う若いカップルもいたり。目の前にはコイが泳ぐ池と庭園が広がり、ちょっとした露天ぶろ気分も味わえそうだ。

PR情報

このページのトップに戻る