現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミエンタメ

香港映画祭 3大巨匠監督と若手スターが舞台あいさつ

2007年10月24日

 「香港映画祭」が23日に開幕し、東京・渋谷のBunkamuraでオープニングセレモニーがあった。オープニング作品「鐵三角TRIANGLE」の監督3人、刑事アクション「男兒本色」に出演した若手スターらが、舞台あいさつをした。25日まで開かれ、話題作4本を特別上映する。動画はこちら【】。(アサヒ・コム編集部)

写真

「鐵三角TRIANGLE」を共同で仕上げた親友。左からツイ・ハーク監督、リンゴ・ラム監督、ジョニー・トー監督=いずれも東京都渋谷区道玄坂のBunkamuraで

写真

「男兒本色」出演の人気若手スター。左から、ニコラス・ツェー、ジェイシー・チェン、ショーン・ユー

写真

アクションについて語るニコラス・ツェー

写真

「鐵三角TRIANGLE」に出演したルイス・クー。3人の監督とともに舞台あいさつをした

 ツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トー。香港を代表する巨匠監督3人が三つのパートを分担、リレー形式でつくり上げた作品が「鐵三角TRIANGLE」。いつも金に困っている飲み仲間3人と、古代の秘宝を巡るストーリーだ。

 「鐵三角」とは、強いきずな、3人なくてはならない存在、という意味。監督3人も三十年来の親友だという。

 企画を考え出し、最初の3分の1を撮ったツイ・ハーク監督は「とにかくリンゴ・ラム監督に難問を残そうと考えた」。ラストを撮ったジョニー・トー監督は、実は、他の2人の監督が完成作品を見たのはカンヌ映画祭でだったと明かし、聴衆を笑わせた。

 「男兒本色」は、「男らしさ」という意味だという。現金輸送車爆破事件を起こしたギャングに3人の警察官が立ち向かう。警察官を演じるのは、ニコラス・ツェー、「インファナル・アフェア」シリーズでブレークしたショーン・ユー、ジェイシー・チェン。ジャッキー・チェンの息子であるジェイシーのアクション挑戦も話題になった。

 体当たりのアクションシーンを披露しているニコラス・ツェーだが、「アクションだけに注目するのでなく、映画全体を楽しんでいただければいいと思う」と話した。

 香港映画祭は、香港返還10年を記念し、開催中の「第20回東京国際映画祭」の提携企画として開催された。

PR情報

このページのトップに戻る