現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

au春モデル10機種発表 国内初の電子ペーパー搭載機種も

2008年01月28日

 KDDI、沖縄セルラーは28日、au携帯電話の新型10機種を発表した。国内初となる電子ペーパーを搭載したモデルや、3.0インチ「有機EL」ディスプレーを世界初搭載した新機種が注目を集めそうだ。(アサヒ・コム編集部) 〈写真特集〉はこちら

写真

国内初電子ペーパーディスプレイ搭載のW61H

写真

世界初の3.0インチ有機ELディスプレイを搭載したW61SA

写真

勢ぞろいしたauの春モデル

写真

発表した春モデルを手にするKDDIの小野寺正社長兼会長

 新登場の「W61H」には、電子ペーパー「シルエットスクリーン」が背面パネルに国内初搭載された。アニメーション、静止画あわせて全95パターンのデザインが選べる。待ち受け画面のほか、音声着信やメール送受信、アラーム鳴動時にその変化を楽しむことが出来る。

 前モデルから搭載された「有機EL」ディスプレーは大画面化が進み、今回のモデルでは世界初の3.0インチになった。一部の機種には日本ビクターの高音質化技術「net K2」を採用。映像サービスでは、映画などの長尺映像コンテンツを高画質で楽しめる「LISMO Video」のサービスを今春にも予定している。

 両社はまた、「au Smart Sports」のサービスも同時に発表した。

 日常のスポーツシーンを携帯電話でサポートするサービスという。第一弾の「au Smart Sports Run& Walk」では、ランニングやウオーキング時のコースや消費カロリーなどが確認できる「Run& Walkアプリ」を提供。パソコンと連動した「Run& Walkサイト」も立ち上げる。

 auの08年春モデルは、今回発表された10機種と、先に発表された「W61SH」をあわせ全部で11機種。うち8機種が地上デジタルテレビのワンセグ対応。そのうち2機種が有機ELディスプレーを搭載している。

PR情報

このページのトップに戻る