現在位置:asahi.com>コミミ口コミ> 記事

コミミ口コミネット

世界中のブログ翻訳プロジェクト進行中

2008年03月20日

 アジアやアフリカ、中東などのブログを英語に翻訳し、世界に発信するプロジェクトが進んでいる。欧米メディアが伝えない地域の生の声に注目し、言葉の架け橋になっている。世界中から集まった英語記事の日本語への翻訳も手掛ける。(アサヒ・コム編集部)

写真

「East Asia」のページには米国人演歌歌手・ジェロさんの記事

写真

グローバルボイスのトップページ

 翻訳をしているのは「グローバルボイス」。ハーバード大学のロースクールにあるシンクタンクがプロジェクトの形で運営している。2004年12月に発足。世界の言語、地域ごとに19人のエディターがおり、ボランティア約80人が手伝う。現在、約30の言語を翻訳している。普段の連絡はメーリングリストで行う。

 日本語のエディターは、翻訳業の鴇田(ときた)花子さん(28)とカナダ人の大学院生で翻訳もするクリス・サルツバーグさん(31)の2人。2007年4月から活動している。週に2本、その時、話題になっていることについて書かれたブログの文章をまとめ、翻訳している。

 最近では、沖縄の女子中学生暴行事件を取り上げた。現地の地方紙が号外を出したのに対し、その他の報道機関が大きく扱わなかったことを批判する文章を翻訳。米兵の多い土地で、被害者が取った行動にも過失がなかったか、と指摘する文章も載せた。

 サルツバーグさんは「異なる意見を載せることで、多くの視点があることを紹介したかった」と話す。特定の主張ではなく、ブログ上の現象を伝えることに徹しているという。

 鴇田さんは、ゲイやレズビアンであることを打ち明けた時、家族がどう対応したかをまとめた本「カミングアウト・レターズ」(太郎次郎社エディタス)への反応に注目。カミングアウトできない心境、「在日」との共通点などについて書かれたブログを翻訳した。

 「日本のブログには、自分の思想などについて、しっかり書き込まれたものがたくさんあることを伝えたかった」。背景には英語圏のメディアによる「日本のブログは数だけ多いがつまらないもの」という決めつけへの疑問があった。

 世界各地の言語から英語に訳された文章を、日本語にして紹介する活動にも力を入れる。

 アフリカの洪水難民の様子を伝える映像がユーチューブに投稿されたことや、イランの大学が男女を別々の教室にした際に学生が出した抗議の文章も動画交えて紹介してきた。

 鴇田さんによると、政情が不安定な国ほど、ブログの中身がニュースの役割も果たす傾向があるという。昨年、ミャンマー(ビルマ)軍事政権に僧侶が抗議をした時には、ブロガーがすぐさま様子をアップ。グローバルボイスが翻訳した。

 サルツバーグさんは「大手メディアの報道は世界を分かりやすく伝えてくれる。でも、ブログの文章は、世界がいかに複雑なのかを教えてくれます」と話している。

PR情報

この記事の関連情報

コミミにツッコミ!

この記事についてツッコミ!

Web投票

結果を見る

(^0^) 面白い 55.6%(10人)
('-'*) なるほど 22.2%(4人)
(@_@) もっと詳しく 11.1%(2人)
(^o^;) はぁ? 11.1%(2人)
(-_-;) がっかり 0.0%(0人)

投稿はこちらから みんなのコメント

2008-03-21(Fri) モタさんさんの投稿

グローバル化には欠かせない動きです!色々と試行錯誤を重ねる中から世界が必要としているものが生まれ出て来る事でしょう。仕事上時折技術翻訳をやります。何かでお手伝い出来ればと思います。

2008-03-21(Fri) ねこさんの投稿

ブログは個人の意見や見解をもとにしているのが基本だと思います。その個人の背景や、その背後にある社会的な立場などの説明なしに、言葉だけ正確に翻訳しても(できたとしても)中途半端なので、半端な知識の危険を了承して読者の興味を満足させるという範囲の目的であれば、見聞を広めるために面白いものだと思います。

2008-03-20(Thu) MNさんの投稿

英国のオックスフォードで長年翻訳通訳に携わってきている背景から、記事内容を大変興味深く読みました。

先ず、時々の自由翻訳参加や、興味深い内容があった時に連絡したりして行き、翻訳のお手伝いをするなどできたらと思っています。

コメントの投稿はこちらから

投稿フォーム
(必須)
(必須)200字以内を目安に入力してください。
投稿規約
【コミミにツッコミ投稿規約】

「コミミにツッコミ」(以下「本コーナー」といいます)は、アサヒ・コムの「コミミ口コミ」に掲載された記事へのコメント投稿コーナーです。投稿にあたっては、この「コミミにツッコミ投稿規約」(以下「本規約」といいます)に同意していただくことが必要です。「投稿規約に同意して投稿する」をクリックして投稿することにより、投稿者は本規約に同意したものとみなされます。

1.掲載および削除

次の各号に該当するコメントの投稿はできません。朝日新聞社(以下「当社」といいます)は、コメントが次の各号に該当すると判断した場合、もしくは何らかの権利を侵害されたとして第三者から削除等を求められ、その求めが妥当だと判断した場合、その他当社が掲載を不適切だと判断した場合には、そのコメントを掲載しないこと、あるいは掲載したコメントについて直ちに削除等の措置を取ることができるものとします。

(1)法令に違反する内容またはそれを助長するおそれがあるもの

(2)第三者または当社の財産、名誉、信用、プライバシーもしくは著作権、パブリシティー権、商標権その他の権利を侵害するもの、侵害を助長するもの、またはそれらのおそれのあるもの

(3)社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容を含むもの

(4)誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現等が含まれるもの

(5)本コーナーの趣旨に著しく外れた内容のもの

(6)営利目的や広告目的とみられるもの

(7)悪質なウェブページのURLを含むもの

(8)個人を特定できる情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)が含まれるもの

(9)その他、本規約に反するもの

2.二重投稿の禁止

他媒体に投稿した内容を本コーナーに投稿したり、本コーナーに投稿した内容を他媒体に投稿したりすることはできません。

3.コメントの紙面等への掲載

コメントは、当社および当社の関連会社(総称して以下「朝日新聞グループ」といいます)が運営・発行する他の媒体(新聞、出版物、ウェブサイト、携帯電話サービス等も含みますがこれらに限定されません)にも無償で掲載・利用する場合があります。その際、編集・制作の都合上、コメントの趣旨を変えない範囲で修正・変更等をすることがあります。

4.投稿後の修正・削除

投稿後は、投稿者ご本人の都合によるコメントの変更・修正・削除はできません。やむを得ない事情でどうしても削除や修正が必要な場合には、「お問い合わせフォーム」(http://www.asahi.com/reference/form.html)を使ってアサヒ・コム編集部までお知らせください。

5.著作権

コメントの著作権は投稿者が保有します。ただし、朝日新聞グループは本規約に定める範囲でコメントを無償で自由に利用できるものとします。コメントを除き、本コーナーの著作権その他の権利は当社が留保します。本コーナーに掲載されたコンテンツについて、当社の許可なく複製、転用、販売等の二次利用をすることはできません。

6.免責事項

投稿者は自らの責任において本コーナーへ投稿するものとし、投稿を原因として他の投稿者または第三者との間でトラブルが生じ、投稿者に損害が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いません。

7.規約の変更

本規約は随時変更されることがあります。変更後の本規約は、当社が特に定める場合を除き、本コーナーで表示された時点から効力を生じます。

(2008.3.7実施)

このページのトップに戻る