大哺乳類展 陸のなかまたち 国際生物多様性年 E.シートン生誕150周年/W.T.ヨシモト生誕100周年
トピックス

[速報]「大哺乳類展−陸のなかまたち」の会期中イベント情報です

(2010年3月4日)

 「大哺乳類展−陸のなかまたち」では、会期中にさまざまなイベントを予定しています。

■講演会

 「大哺乳類展−陸のなかまたち」開催を記念して、講演会を開催します。専門家による、わかりやすいお話で、哺乳類をより詳しく楽しく学んでみませんか。

◆上野動物園×国立科学博物館 スペシャル対談

 ・日時 平成22年3月14日(日)14:00〜15:30(90分)

 ・会場 日本館 2階 講堂

 ・募集 100名(当日先着順:会場にて13:30から受付開始)

 ・演者 小宮輝之(恩賜上野動物園 園長)、川田伸一郎(国立科学博物館 動物研究部 研究員)

 ・内容 動物園と博物館の役割の違いについて考え、また、動物を飼育したり、研究したりするうえでの様々なエピソードをまじえて哺乳類を楽しく語ります。

◆英国から講師が来日!特別講演会

 ・日時 平成22年4月24日(土)14:00〜15:30(90分)

 ・会場 日本館 2階 講堂

 ・募集 100名(当日先着順:会場にて13:30から受付開始)

 ・演題 「ゾウの歩き方、走り方の不思議」

 ・演者 ジョン・ハッチンソン博士(英国・王立獣医大学・准教授)

 ・内容 恐竜の体の動かし方(ロコモーション)の科学的な復元の第一人者、ジョン・ハッチンソン博士が発見した、ゾウの進化とロコモーションの不思議についての講演です。講演は英語ですが、国立科学博物館・地学研究部の真鍋真研究主幹が逐次通訳します。※聴講は無料ですが、「大哺乳類展−陸のなかまたち」入場券(半券可)が必要です。

※前日までにすでにご覧になられた方は常設展入場券をご購入のうえ、「大哺乳類展」の半券を持参して講演会会場にお越しください。

■ギャラリートーク

 哺乳類の魅力に迫るお話を聞いて、展覧会をより楽しんでみませんか。

◆上野動物園編

 飼育員ならではの動物たちとのエピソードや生態のヒミツを、剥製標本の前でお話しします。

(1)3月26日(金)ジャイアントパンダ(倉持浩)/(2)4月23日(金)ゴリラ(今西亮)/(3)5月14日(金)ホッキョクグマ(乙津和歌)

◆国立科学博物館編

 監修者が主な展示内容を解説するとともに、展示にまつわるウラ話なども紹介します。

(1)4月2日(金)川田伸一郎(動物研究部研究員)/(2)4月9日(金)冨田幸光(地学研究部研究主幹)/(3)5月21日(金)川田伸一郎

 ・開催時間:各日18:00〜18:30

 ・会場:特別展会場内(開始時間までに、特別展会場内集合場所にお集まりください)※ギャラリートーク参加は無料ですが、「大哺乳類展−陸のなかまたち」会場に入場するために、別途特別展「大哺乳類展」の入場券(半券不可)が必要です。

■移動動物園

 生きているどうぶつたちと触れ合おう!ヤギやウサギ、ハツカネズミなど上野動物園内の「子ども動物園」で人気の小動物たちが博物館にやってきます。

 ・日時 4月17日(土)、5月15日(土)

     1日2回 (1)10:30〜11:30

          (2)13:00〜14:00

 ・会場 国立科学博物館中庭 各回定員150人(先着順)

※当日、天候やどうぶつの体調により、イベント内容が変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

※参加は無料ですが、「大哺乳類展−陸のなかまたち」入場券(半券可)が必要です。

※前日までにすでに「大哺乳類展」をご覧になられた方は常設展入場券をご購入のうえ、「大哺乳類展」の半券を持参して会場にお越しください。

トピックス一覧

大哺乳類展 陸のなかまたち手数料無料オンラインチケットネットで買って、自宅で発券、カードで決済