大哺乳類展 陸のなかまたち 国際生物多様性年 E.シートン生誕150周年/W.T.ヨシモト生誕100周年
トピックス

[朝日新聞記事から] 大哺乳類展が開幕 東京・上野の国立科学博物館(3月13日付夕刊)

(2010年3月16日)

 世界中の哺乳(ほにゅう)類の多様さを紹介する「大哺乳類展 陸のなかまたち」(朝日新聞社など主催)が13日午前、東京・上野の国立科学博物館で始まった。400点以上のはく製(はくせい)や骨格標本が並ぶ会場には、午前9時の開館と同時に大勢の家族連れが来場。写真が撮れる会場内で、パンダのはく製やアフリカゾウの全身骨格に声を上げながらカメラを向けていた。子どもたちは「テレビでしか見たことのない動物を初めて見た」「大きくて驚いた」などと話していた。

 6月13日まで。一般1400円など。

トピックス一覧

大哺乳類展 陸のなかまたち手数料無料オンラインチケットネットで買って、自宅で発券、カードで決済