メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

おバかわいいね写真館(望月やすこ講評)

毎日、面白い行動や表情を見せてくれる子どもたち。いたずらやグズグズも、ぐっとこらえてパチリと撮れば、きっと笑いに変わるはず

子育ての日常の一コマを写真で送って下さい。
カメラマンの望月やすこさんが選び、講評をつけて紹介します。ご応募受け付け中!!
望月さんの作品集はこちら

応募要項はこちら

ママ〜助けて〜

ママ〜助けて〜

投稿者のんひーママ

モチコ先生から

2020年2月21日

狭いところに入って抜けられなくなるのが常連、という5歳の娘さん。
コメント欄に、
公園ベンチの板と板の間に腕が挟まったり、某夢の国で柵の間に頭を入れて出られなくなったり、、
というエピソードが書きつづられていてびっくり。
それじゃあまるで猫じゃないですか!
ほら、よく猫カレンダーとかに写るあの愛くるしい姿。

そうだ。はさまりカレンダーを作りましょう。
はさまるのが待ち遠しくなりますね!

モチコ先生

万事解決

万事解決

投稿者Enapen

モチコ先生から

2020年2月14日

「お風呂に入るのが嫌でいつも逃げるのですが今日はパパの脚の間に隠れてふざけてました」
とお母さんからのコメントです。

じゃあお父さん。そのままだんだんとズボンを脱いでお風呂に向かってください。
そしてお母さんは息子さんの服を脱がせるのです。
万事が解決するでしょう。

モチコ先生

憧れのやつ

憧れのやつ

投稿者ことり

モチコ先生から

2020年2月7日

いいな〜。うらやましい。
私も一度これやってみたかった!
なんで小さい頃にやって置かなかったんだろう。
年をとればとるほどやりにくくなることってありますよね。

新品の運動靴で水たまりに入るとか、
どこでも裸で踊りまくるとか、
注射で号泣するとか。

どれもこれも、今では憧れの行為です。
ああ神様。どうか私に子どもだけが持つ勇気をお返しください。

モチコ先生

解釈は自由

解釈は自由

投稿者カワマリ

モチコ先生から

2020年1月31日

「パパが顔を近づけたらおっぱいだと勘違いしてパパの鼻をベロベロしようとした瞬間です」
というママからのコメント。

0歳3カ月の赤ちゃん心がわかるママ。
「ホントにそうなの?」と思うなかれ!
私はそうやってすべてを自在に解釈して子育てを乗り切ってきました。

変な顔をしたらパパが臭いからで
泣いたらパパが怖いせい。
笑ったら私のおかげだし
かわいいところは私によく似て
寝るのが好きなのはパパと同じ。

いいんです。
解釈は自由です。
きっとパパも同じように自分流の解釈をしているはずですから。

モチコ先生

デコってます

デコってます

投稿者かぁか

モチコ先生から

2020年1月24日

壁にマスキングテープで「HAPPY BIRTHDAY」の文字をデコる。
誕生日の飾りとしてよく見かけるものになりました。

すっごくかわいいな〜、と思うのですが、不器用な上にアフラフォー真っ盛りの私は
なんとも気恥ずかしくてどーしてもそこに踏み入ることができません。

でもこれなら私にもできそう!
だってこれ、よーくみたらキュウリなんだもの。

モチコ先生

はいどうぞ

はいどうぞ

投稿者アンティまゆこ

モチコ先生から

2020年1月17日

落ち葉を「はいどうぞ」するのがブームなんですね。

「葉っぱを、はい銅像〜」と書こうとして、石像なのに気が付きました。
あぶなくオヤジギャクを飛ばしてしまうとこだった。

撮影で、ママ達が「我が子のマイブーム」を紹介する、という場面に遭遇したときのこと。
「うちの子は、動物に餌をあげるのが大好きで、最近はよくパパに肉を、はいどうぞしています」と話してくれたママがいました。

笑いで写真がブレてしまったことは言うまでもありません。

モチコ先生

後光が

後光が

投稿者アジャーム

モチコ先生から

2020年1月10日

「2歳になったのを機におしゃぶりをやめようと提案。
本人は納得がいかないようで隠してあったおしゃぶりのうち見つけた2つを一気に口へチュパチュパ」

すごい! これぞまさしく無言の抵抗。
おしゃぶり2つがピタっと口にくっついて
本来あるべき場所におさまった感がハンパないです。

おまけに後光まで差しちゃってますねえ。
こりゃあ新年早々縁起がいいや〜

モチコ先生

どこでも寝る〜②

どこでも寝る〜②

投稿者まる

モチコ先生から

2019年12月27日

「活発な次女。何かをしているうちにいつのまにか寝ているというパターンが多く、よく写真に収めています」
とお母さんからメールをいただきました。
お父さんと姉妹ででかけたときの写真だそう。

後ろからのぞいているのは長女でしょうか?
「まったくこの人はいつもこうなんだから」という表情がたまりません。
写真では肩しか写っていないお父さんも、きっと笑っているのでしょう。

一応お伝えしておきますが
「ムンクの「叫び」ではありません。

モチコ先生

どこでも寝る〜

どこでも寝る〜

投稿者ずんこ

モチコ先生から

2019年12月20日

「昼寝前、テーブルの上でぐずって大泣き、疲れてそのまま寝てしまいました」
とお母さん。

ああ〜。わかる〜。
寝ぐずりの時、「そんなに眠けりゃどんどん寝てよ! 寝ればいいのになぜ寝ない?」
っていつも思ってました。

きっとそれにも理由があるのはわかってはいたのだけど、、、
ここで私からのお願いです。
タイトルは、「どこでもドア〜」みたいな感じで読んでください。
さあ! 声に出して!


そんな心の余裕なんてなかったあのとき。
こうして写真で見ると、こんなにもかわいいのにな〜

モチコ先生

ウィナー

ウィナー

投稿者りとたんまま

モチコ先生から

2019年12月13日

すごい!
顔がほとんど写ってないのに
楽しいのがすごく良く伝わってきます。

全身で感情表現ができるって、子どもならではの特権ですよね。
二人合わせて、ウィナーの「W」かな?

モチコ先生

プロフィールモチコ先生 望月やすこさん

フリーカメラマン。1972年生まれ、2人の息子を子育て中。静岡県在住。ママ向け写真講座の講師を務める一方、最近は地元のテレビ番組への出演も。著書に、静岡県内の無料の遊び場を集めたガイドブック「子連れのタダビバ」シリーズ (静岡新聞社)。子どもの達の喜怒哀楽の写真とともに、実感たっぷりにわかりやすく紹介。

子育て写真 応募要項

子育て写真の応募は、メールに以下の項目をお書きのうえ、写真画像を添付して、(msta@asahi.com)までお送りください。

〈1〉投稿者の氏名、年齢(公開しません)
〈2〉電話番号(掲載時に確認の連絡をすることがあります)
〈3〉投稿者のニックネーム
〈4〉撮影時の子どもの年齢
〈5〉投稿者と子どもの続き柄(父、母、祖父母など)
〈6〉撮影時の状況説明

 【注意事項】
・写真は投稿者ご自身や家族が撮影したものをお送り下さい。他のメディアで発表していないものに限ります。公序良俗に反する写真はご遠慮下さい。
・写っているお子さんの保護者の承諾を得て下さい。投稿された写真については承諾があったものとみなします。
・写真は朝日新聞デジタルに掲載します。使用権は朝日新聞社に帰属します。
・一部の写真については、朝日新聞紙面「はぐくむ面」でも掲載する場合があります。
・お送りいただいた画像データは返却できません。あらかじめご了承ください。
・応募後の取り消しなどの連絡はメールでお知らせ下さい。

朝日新聞エムスタ 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

tagVERY

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】日系航空会社だけで十分?

    知らないと損するマイル活用術

  • 写真

    【&TRAVEL】奈良国立博物館の特別展へ

    はなのたびたび旅日記

  • 写真

    【&M】“脳を刺激する”光景たち

    写真家が撮る台湾

  • 写真

    【&w】ホテルディナーが当たる

    器やバッグ、人気コスメも

  • 写真

    好書好日東方神起メンバーも読んだ本

    韓国発“努力しないススメ”

  • 写真

    論座新型コロナとガバナンス不全

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパーカーの礎となった3カ条

    最高の評価を得てきた理由。

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第56回

  • 写真

    GLOBE+始まるか、ロシア経済の逆襲

    新内閣に高まる期待

  • 写真

    sippo妻がサプライズで買った子猫

    夫は激高し「捨てに行く」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ