メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

事件は世相を映し出します。傍聴席から、『現代(いま)』を見つめます。

記事一覧

写真・図版

「明智光秀になり損ねた」 主治医を刺した男、その動機(2019/4/15)有料会員限定記事

■きょうも傍聴席にいます。 「コード・ブルー」 病院の診察室で、患者の男によって首を包丁で突き刺された40代の男性医師は、傷口を手で押さえながら看護師にこう告げた。自ら止血処置し、奇跡的に一命を取り留……[続きを読む]

PR情報

関連キーワード

  • 被害者参加と優先傍聴制度(2011年04月20日 朝刊)

    被害者や遺族は刑事裁判に参加し、検察官のそばに座って被告に質問したり量刑意見を述べたりすることができる。殺人など生命や身体にかかわる事件が対象。刑事訴訟法の改正で、2008年12月以降に起訴された事件に適用されている。最高検によると、昨年5月末までに1375人の参加が許可された。また、裁判所は一般の傍聴希望者が多い事件で、00年施行の犯罪被害者保護法に基づいて被害者らの傍聴席を優先的に確保することができる。昨年12月の山崎前社長の初公判では112席のうち40席が対象となった。

  • 手錠・腰縄の運用(2016年09月29日 朝刊)

    主に刑務官が従うべきことを記した刑事収容施設法は、被告人を法廷に護送する時に逃げたり誰かを傷つけたりする恐れがある場合、裁量で「縄か手錠を使うことができる」と定めている。一方で刑事訴訟法は「公判廷では被告人を拘束してはならない」と定めており、少なくとも開廷中は外さなければならない。法廷から被告人が逃走する事件も起きている。今年9月には神戸地裁姫路支部で被告人が閉廷間際に傍聴席を通って逃げ出し、単純逃走容疑で現行犯逮捕された。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】新元号を記念した特別限定品

    美しい青の濃淡〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】「繊維のまち倉敷」のルーツ

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】&LOCALS、銀座白金や……

    いなりずしの名店は?

  • 写真

    【&w】特典付き観覧券をプレゼント

    GW開催『シド・ミード展』

  • 写真

    好書好日だいすけお兄さんも登場

    「ノラネコぐんだん展」開催中

  • 写真

    論座自動車業界 不正の連鎖

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン蛍鑑賞と優雅なディナーを

    65年目を迎えるほたるの夕べ

  • 写真

    T JAPAN姉妹が作るシャンパーニュ

    「ゾエミ・ド・スーザ」

  • 写真

    GLOBE+幸せのヒント探し続け30年

    連載「アジアで働く」

  • 写真

    sippoペットグッズ店に猫置き去り

    引き取られて「姫」になる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ