メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

事件は世相を映し出します。傍聴席から、『現代(いま)』を見つめます。

記事一覧

写真・図版

「2回目は父を死なせる」 少年が畏怖を殺意に変えた日(2019/5/2)有料会員限定記事

■きょうも傍聴席にいます。 昨年1月、横浜市の自宅で男性(当時44)が、胸を複数回刺されて死亡する事件が起きた。殺人罪に問われたのは、息子の少年(19)。今年2月6日、横浜地裁であった初公判で少年は「……[続きを読む]

PR情報

関連キーワード

  • 被害者参加と優先傍聴制度(2011年04月20日 朝刊)

    被害者や遺族は刑事裁判に参加し、検察官のそばに座って被告に質問したり量刑意見を述べたりすることができる。殺人など生命や身体にかかわる事件が対象。刑事訴訟法の改正で、2008年12月以降に起訴された事件に適用されている。最高検によると、昨年5月末までに1375人の参加が許可された。また、裁判所は一般の傍聴希望者が多い事件で、00年施行の犯罪被害者保護法に基づいて被害者らの傍聴席を優先的に確保することができる。昨年12月の山崎前社長の初公判では112席のうち40席が対象となった。

  • 手錠・腰縄の運用(2016年09月29日 朝刊)

    主に刑務官が従うべきことを記した刑事収容施設法は、被告人を法廷に護送する時に逃げたり誰かを傷つけたりする恐れがある場合、裁量で「縄か手錠を使うことができる」と定めている。一方で刑事訴訟法は「公判廷では被告人を拘束してはならない」と定めており、少なくとも開廷中は外さなければならない。法廷から被告人が逃走する事件も起きている。今年9月には神戸地裁姫路支部で被告人が閉廷間際に傍聴席を通って逃げ出し、単純逃走容疑で現行犯逮捕された。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】17のカラーバリエーション

    安心・快適な車内空間〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】日立のビーチで人魚に変身!

    あの街の素顔

  • 写真

    【&M】長時間労働を減らすには

    残業時間の上限を設定しよう

  • 写真

    【&w】100人に1人が抱える孤独

    ほんやのほん

  • 写真

    好書好日「わがまま」我慢しないで

    社会改革の一歩として考える

  • 写真

    論座苦悩する「沖縄の保守」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン注目の女優・山口まゆ

    思い描く理想の男性像とは

  • 写真

    T JAPAN坂本龍一、本の可能性を語る

    メディアとして本の価値

  • 写真

    GLOBE+日韓、なぜここまでこじれる

    鈴木一人教授の視点

  • 写真

    sippoいきなり子猫3匹を迎えた

    猫社会が生まれ、問題も解消

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ