現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 社会
  3. 記事
2012年4月7日0時16分
このエントリーをはてなブックマークに追加

再稼働急ぐ理由「電力不足」って本当?

図:原発が動かないと関西の電気が止まる?拡大原発が動かないと関西の電気が止まる?

 「緊急安全対策にすでに取り組み、30項目の安全対策についても着手している。実施計画をとりまとめ、速やかに報告したい」。関西電力は6日、コメントを発表し、基準突破に自信を示した。

 関電は昨春以降、新たに非常用発電装置を導入したり、冷却用の海水を送る非常用のポンプを大幅に増やしたりした。さらに時間がかかる防潮堤の設置などの対策も、大まかな実施時期も公表している。

 一方、枝野経産相は6日の閣議後会見で、安全だけでなく「需給面の必要性」も原発再稼働のハードルに加えた。そもそも政権や電力業界が再稼働を急ぐのは「原発が動かなければ、夏に電力が足りなくなる」という理由だ。関電も「再稼働が夏に間に合わなければ、13.9%もの電力不足が生じる」と言ってきた。

 しかし、本当に電力は足りなくなるのか。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、購読手続きが必要です。

今なら最大2カ月無料!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

4月7日の朝日新聞デジタル朝刊にはこんな記事も…

再稼働へ安全基準

食の放射能新基準

戦艦大和ノ最期

解説面

就活応援 2分で差がつく


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞社会部 公式ツイッター