現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 社会
  3. 記事
2012年5月4日12時6分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

事故バスツアー、2業者仲介し安値受注 往復15万円

図:陸援隊への発注の流れ拡大陸援隊への発注の流れ

 群馬県の関越自動車道で46人が死傷した高速ツアーバス事故で、ツアーを企画した旅行会社とバス会社「陸援隊」(千葉県印西市)の間に、2業者が介在していたことが国土交通省の特別監査で分かった。事実上の仲介料が発生したため、陸援隊は相場より安い料金で受注。短期雇用の運転手の河野化山(こうの・かざん)容疑者(43)を乗務させていた。国交省は無理な受注・運行が事故の背景にあったとみて調べている。

 国交省の調べでは、旅行会社「ハーヴェストホールディングス」(大阪府豊中市)は、千葉県と金沢市を3日間で往復するツアーバスを企画。運行を17万円で千葉県内の仲介業者に発注した。この業者は同県内のバス運行会社に16万円で発注し、さらにこの会社が陸援隊に15万円で発注していた。

 こうした契約は「傭車(ようしゃ)」と呼ばれ、中小のバス会社の間では常態化しているという。ただ、ツアーバスを請け負う別のバス会社によれば、このルートの相場は18万円前後。国交省も「かなり安く、原価を考えれば赤字にもなりかねない料金」とみている。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、購読手続きが必要です。

今なら最大2カ月無料!サービスのご紹介はこちら

検索フォーム

5月4日の朝日新聞デジタル朝刊にはこんな記事も…

社会面

社会面2

話題面

話題面2

テレビ・娯楽面


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

アンケート・特典情報

朝日新聞社会部 公式ツイッター