メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

五輪をめぐる

2020年7月、再びオリンピックが東京にやってくる。これまでの五輪で栄光を勝ち取った選手がいれば、負けて涙した選手もいる。裏方として力を尽くした人がいれば、まさに今、2020年に向けて走っている人もいる。五輪にまつわる様々な人や場所を、記者が訪ねます。

写真・図版

モスクワボイコット:10 屈しない力とは、心の傷が問う(4/20)有料記事New

 「私たちは代表になりました。でも、オリンピックに出ることはありませんでした」 3月17日、東京都足立区の東和地域学習センター。 1980年モスクワ五輪体操女子の日本代表だった津田桂(かつら)(54)=旧姓内田=と竹内由佳(55)=旧姓日向(ひなた)=は、足立区が開いたトークショーで、つらい練習を続…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:1 幻の代表、閉じ込めていた記憶(4/9)有料記事

     2017年初夏、アジサイが咲く季節だった。 1980年モスクワ五輪体操女子の日本代表だった竹内由佳(55)=旧姓日向=と津田桂(かつら)(54)=旧姓内田=は、東京ドームホテルの最上階でランチバイキ…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:2 練習の傍ら、悪い予感も抱いた(4/10)有料記事

     政治が五輪をむしばもうとしていた。 ソ連軍がアフガニスタンに侵攻したのは、1979年12月25日。反政府軍と戦う親ソ派政権を支援するためだった。 東西冷戦。米国を中心とする資本主義・自由主義陣営と、…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:3 「今までの努力、何だったのか…」(4/11)有料記事

     1980年4月15日、日本政府が「ソ連軍がアフガニスタンから撤兵しない限り、参加は望ましくない」と公式表明を出すと、モスクワ五輪の不参加はかなり現実味を帯びてきた。 67、73年の世界柔道選手権軽重…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:4 自腹・少数精鋭、苦肉の妥協案(4/12)有料記事

     モスクワ五輪への不参加を、日本政府が日本オリンピック委員会(JOC)に勧告したのが1980年4月25日。そんな状況でも、自転車の日本代表監督だった岡本雄作(84)は一貫して、「モスクワに行く。練習だ…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:5 予算削減の恐怖、採決動かした(4/13)有料記事

     モスクワ五輪の参加エントリーは、1980年5月24日が締め切りだった。 政府から不参加を促されていた日本オリンピック委員会(JOC)はこの日午後、参加か不参加かを決めることになっていた。 だが、実質…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:6 不参加決定、続いた代表選考(4/16)有料記事

     日本オリンピック委員会(JOC)が1980年5月24日にモスクワ五輪不参加を決めた時、体操女子は東京都で合宿をしていた。 練習中に日本体操協会の幹部が訪れ、「解散」を告げた。整列した選手からすすり泣…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:7 開会式、激しく揺さぶられた(4/17)有料記事

     自転車の日本代表、渡辺幹男(59)の心の内で悔しさがこみ上げてきたのは、1980年7月19日。モスクワ五輪の開会式をテレビでみた時だった。 5月、日本オリンピック委員会(JOC)が、ソ連のアフガニス…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:8 それでも競技人生は続いた(4/18)有料記事

     1980年モスクワ五輪に不参加となっても、多くの選手の競技人生は続いた。所属先のため、そして自身のため。 水泳飛び込みの小谷理貴子(りきこ)(63)=旧姓山中=は、モスクワが2度目の五輪のはずだった…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:9 悔い晴らせる時、30年を経て(4/19)有料記事

     眼前には日本初の木製トラックがある。 「俺の夢がかなった」 2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技会場となる伊豆ベロドローム(静岡県伊豆市)。1980年モスクワ五輪で自転車団体追い抜きの代表…

  • 写真・図版

    モスクワボイコット:10 屈しない力とは、心の傷が問う(4/20)有料記事

     「私たちは代表になりました。でも、オリンピックに出ることはありませんでした」 3月17日、東京都足立区の東和地域学習センター。 1980年モスクワ五輪体操女子の日本代表だった津田桂(かつら)(54)…

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

TOKYO2020

東京オリンピック開幕まで

あと

PR注目情報

オリンピック・パラリンピック取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

東京オリンピック2020特集

東京パラリンピック2020特集

TOKYO2020

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】シド・ミード展にご招待

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    【&TRAVEL】シアトルからロサンゼルスへ

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】ユーモアがテーマの作品展

    遊び心の本質を問い直す

  • 写真

    【&w】高山都さんの新しい習慣

    4月特集「出会いと別れ」

  • 写真

    好書好日横尾忠則さんの華麗なる交流

    芥川賞作家2人とアトリエ鼎談

  • 写真

    論座上野千鶴子祝辞に反発する人

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンパフォーマンスに差がつく

    快適かつ上質な空の旅

  • 写真

    T JAPANクリムトが巨匠である理由

    2つの展覧会が開催

  • 写真

    GLOBE+中国一美しい本屋

    変わる書店、最前線

  • 写真

    sippo猫は名前を聞き分けられる

    上智大チームが検証

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ