メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

競技2021年7月8月
212223242526272829303112345678
ウエイトリフティング
  • 2021年7月27日現在
  • は予選、はメダル確定日、は予備日を表す

ウエイトリフティング 競技解説動画

ウエイトリフティング 競技解説

競技概要

代表選考について

男女各7階級実施され、男女とも1カ国・地域あたり各階級1人ずつ、最大4人が出場可能。開催国として男女各3枠が確保されている。代表は18年11月~21年4月の国際大会のポイントランキングで決定。4階級以上で日本選手が8位以内に入るなどの条件を満たせば、4枠目を得る。

※2020年7月17日現在

両手でバーベルを握り、一気に頭上まで持ち上げて立ち上がる「スナッチ」。プラットフォーム(床)からいったん鎖骨の位置までバーベルを持ち上げ(クリーン)、次の動作で頭上に差し上げる(ジャーク)「クリーン&ジャーク」。これらをそれぞれ3回ずつ行い、それぞれの最高重量の合計を競うのがウエイトリフティングだ。

ウエイトリフティングの原型は、重い石などを持ち上げる力比べ。古代より世界の多くの地域で行われてきた。オリンピックでの歴史も古く、第1回アテネ1896大会から実施されていた。ただし、アテネ1896大会、セントルイス1904大会ではウエイトリフティングは現在と異なるテクニックで実施され、両手で持ち上げる種目のほか片手のみで持ち上げる種目があり、体重別の階級もなかった。階級が整備され、現在のテクニックや競技進行に近い形で実施されるようになったのはアントワープ1920大会からである。以来、継続実施され、シドニー2000大会からは女子種目も登場した。オリンピック初期と異なり、現在は男女ともに両手で行うスナッチとクリーン&ジャークの2つを実施している。

※東京2020組織委員会公式ウェブサイトから引用

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

PR注目情報

東京オリンピック ニュースアクセスランキング

オリンピック・パラリンピック取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

東京オリンピック2020特集

東京パラリンピック2020特集

TOKYO2020

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】廃虚が文化施設に変身

    魅惑のガバナーズアイランド

  • 写真

    【&Travel】豪農屋敷、雪国の湯と文化

    楽しいひとり温泉 新潟

  • 写真

    【&Travel】犬が見つけるトリュフ狩り

    欧州おいしい旅

  • 写真

    【&M】ビールライフが一変?

    グロウラーが“買い”のワケ

  • 写真

    【&w】先生の背中を追いかけて

    花のない花屋

  • 写真

    好書好日高樹のぶ子が読む月夜の森…

    希望というかなしみを痛感

  • 写真

    論座二大政党の政権交代を疑う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンドルモアのジャケット

    極上の着心地を実現した一着

  • 写真

    Aging Gracefullyゴルフは足元から

    大谷奈千代プロと足病医の対談

  • 写真

    GLOBE+世界最大の湿地帯が干上る

    今、起きている異変の正体

  • 写真

    sippo人気の無重力猫ミルコ

    あこがれの「猫遊園地」の魅力

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ