メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

PR情報

おすすめ記事

  • 論の芽

    論の芽

    日々の生活での出来事や、話題となっているニュースをテーマに、さまざまな「論」を紹介します。

  • 耕論

    耕論

    3人の論者が、世の中を深く、複眼で読み、個別のテーマを多層的に考える。

  • 声 語り継ぐ戦争

    声 語り継ぐ戦争

    若い人たちが実際に体験した「戦争」は、どんなものだったのか。「戦争の現実」を伝える証言集です。

論座

山下一仁 山下一仁

農業破れて農協あり/食料安全保障を脅かす「減反・米価維持」(05/26) [経済・雇用]

 食品が安全であることと、それを安全と思うことは、別物である。隣の農家の作物は安全だと思うが、外国産には不安を感じる。実際には、隣の農家の方が多くの農薬を使っていてもである。 OECD(経済協力開発…[論座で読む]

小此木潔 小此木潔

コロナ危機克服へ米ローマー教授の奇抜な提言(05/26) [経済・雇用]

 このままでは米国も世界経済も、世界大恐慌に匹敵する大不況に陥る危険がある。都市封鎖を避けつつ安心を確保し命と経済の複合的危機を克服するには、国民全てを対象に検査すべきだ――という大胆な提言をニューヨ…[論座で読む]

住田昌治 住田昌治

9月入学って、本当にやるんですか?(05/26) [社会・スポーツ]

 「今一番優先して議論しなければいけないのは、遅れてしまった子供たちの学びを取り戻すことだ」。自民党の若手議員ら60人が慎重対応を求めて、9月入学について「拙速な議論に反対する」との要望書を岸田文雄政…[論座で読む]

太田省一 太田省一

DA PUMP、沖縄から生まれたダンスアイドル(05/26) [文化・エンタメ]

 前回まで、1990年代にSMAPが国民的アイドルになるまでの流れをみてきた。ただ他方では、その頃男性アイドル史を語るうえで忘れるわけにはいかない別の流れも生まれていた。それがダンスパフォーマンスを…[論座で読む]

論座は月額700円(税抜)、単品ジャンル月額250円(税抜)の有料言論サイトです。

朝日新聞デジタルの有料会員は、追加料金なしで記事全文をお読みいただけます。

論座のサイトでログインを求められたら、朝日新聞デジタルのIDとパスワードを入力してください。

「声」の投稿先

  • [東京・名古屋・西部本社]

    郵送

    〒104-8661
    東京・晴海郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」

    ファクス

    0570-013579 / 03-3248-0355

    メール

    koe@asahi.com

  • [大阪本社]

    郵送

    〒530-8063
    大阪北郵便局私書箱44号 朝日新聞「声」

    ファクス

    06-6223-0737

    メール

    dai-koe@asahi.com

「声」テーマ特集、募集中!
「#Youth川柳」ぜひ投句を テーマ5月「緑(みどり)」、6月「外」

 25歳以下のみなさんの投句でつくる「#Youth川柳」(#Y川柳)は原則第4火曜掲載です。

 5月のテーマは「緑(みどり)」、6月のテーマは「外」。家や学校でのできごと、ふだん思っていること、考えていることなどを自由に五・七・五にまとめてください。

「緑(みどり)」の締め切りは5月14日5月26日掲載の予定です。

「外」の締め切りは6月11日6月23日掲載の予定です。

▼住所、氏名、年齢、性別、職業(学校名)、電話番号(携帯も)を明記。メールでの投句は専用アドレスへ

▼実名原則、個人は1通につき2句まで(学校などからの集団投稿は、1封筒に入る枚数の制限はありません)

▼二重投稿、すでにネットや他メディアで公開したもの、メールの添付ファイルは不可

▼趣旨を尊重しながら直すことがあります

▼句の返却や採否の問い合わせにはご対応できません

▼本社デジタルメディアに収録します

■「#Y川柳」専用メールアドレス

■投稿先

 〒104・8661 東京・晴海郵便局私書箱300号 朝日新聞「声」

 FAX 0570-013579 / 03-3248-0355

若い世代 こう思う  5月「家族」6月「笑い」

 「若い世代 こう思う」は月に1度のコーナー。

 5月のテーマは「家族」です。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校や外出控えなどで、家族と家で過ごす時間が長くなっているのではないでしょうか。支え合い、時にはぶつかりもする親やきょうだい、祖父母……。あなたにとってどんな存在ですか? 喜怒哀楽を共にした体験や、家族への思いなどをお寄せください。4月23日必着、掲載は5月12日の予定です。

 6月のテーマは「笑い」です。

 新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言など、厳しいニュースが続いています。こういう時こそ、生活に「笑い」が必要かもしれません。心から笑った思い出、人を笑わせることができた体験、笑いで場が和んだりクスリとさせられたりした場面、ちょっとした失敗、テレビや舞台で展開される笑いへの関心……。もしかしたら、お笑いの道をめざしている、という人もいるかもしれませんね。5月29日必着、掲載は6月9日の予定です。

 氏名・電話番号・学校名と学年(学生の方)または職業を明記してください。学校で取り組まれた原稿もお待ちしています。

「がんとともに生きる」

 がん患者や元患者の皆さんは、仕事、勉強、暮らしの中で、がんとの共生においてどのような課題を感じていますか。家族や職場、学校など周囲の支援も必要ですが、周囲の皆さんは、がんとの共生社会をどう考えていますか。皆さんの経験や提案を投稿してください。

 500字にまとめ、住所・氏名・連絡先を明記し、上記へお送りください。随時掲載していきます。

語りつぐ戦争

 戦地で、銃後で体験した忘れられない出来事を当時の思いとともに具体的につづり、500字程度でお寄せください。字数内にまとめきれなければ、こちらでお手伝いします。

 「戦争特集」と明記してください。原則として偶数月の第3土曜日に掲載します。

平和のバトン

 戦後七十年余。戦争を生き抜いた人が減る中、その体験を受け継ぎ、「平和のバトン」を次代につなぐために今できることは何でしょうか。皆さんの思い、経験、活動を500字程度でお寄せください。

 原則として奇数月の第3土曜日に掲載します。

  • 「声」は500字程度。
  • 「朝日川柳」は1通に2句以内。
  • 「朝日川柳」の5月の課題は「指」。5月1日締め切りです。
  • 「かたえくぼ」はペンネームを書き添えてください。
  • いずれも表題に「川柳」「かたえくぼ」と入れてください。
  • 氏名、電話番号(携帯も。「声」「かたえくぼ」は採用時にご連絡します)、住所、年齢、性別、職業を明記してください。
  • メールのファイル添付はご遠慮ください。
  • 実名原則。ブログやフェイスブックなどネット上で公開したものも含め二重投稿はおやめください。
  • 趣旨は変えずに直すことがあります。
  • 採用分には謝礼をお送りします。
  • 原稿はお返ししません。採否の問い合わせもご遠慮願います。
  • デジタルメディアにも収録します。
  • 朝刊の「WEBで読む」からお読みいただく「声」ページでは、東京本社版に掲載した投稿を配信しています。
  • 有料会員(フルプラン)のみなさまには、東京、大阪、名古屋、西部各本社版の「声」紙面イメージを、掲載日から14日間ご覧いただけます。

PR注目情報

注目コンテンツ