メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

 北海道 道内全域で公道でのリレーを中止。無観客の点火セレモニーを白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)で行う。   あすも北海道

東京パラリンピック20205人制サッカー

競技概要

5人制サッカーは別名「ブラインドサッカー」としても知られる、視覚障がいのある選手を対象とするサッカー。1チームは4人のフィールドプレーヤーとゴールキーパーで構成される。ゴールキーパーは晴眼(視覚障がいの無い選手)、または弱視の選手が務めるが、フィールドプレーヤーは視覚障がいのある選手でなければならない。

フィールドプレーヤーは個々の見え方による有利不利をなくすため、アイマスク(目隠し)着用の義務があり、視覚を遮断した状態でプレーする。チームにはFPの目の代わりとなる「ガイド」と呼ばれるメンバーがいて、相手ゴールの裏に立ち、ゴールまでの距離や角度などの情報を声や音で伝える役割を担う。

ボールは中に鉛が仕込まれた特製のボールで、転がると「シャカシャカ」と音が鳴る。選手はボールの音やガイドの声などを頼りにプレーするが、想像以上に激しく、スピーディーなプレーに驚かされる。

周囲の音声に耳を傾ける選手を妨げないよう、観客にはプレー中、静寂が求められる。ただし、得点が決まったときは大きな歓声で選手を称える。このメリハリある観戦スタイルも、5人制サッカーの醍醐味だ。

※東京2020組織委員会公式ウェブサイトから引用

競技2021年8月9月
242526272829303112345
5人制サッカー
  • 2020年8月3日現在
  • は予選、はメダル確定日を表す
  • 青海アーバンスポーツパーク

    青海アーバンスポーツパーク

    ©Tokyo 2020

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

TOKYO2020

東京パラリンピック開幕まで

あと

PR注目情報

オリンピック・パラリンピック取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

東京オリンピック2020特集

東京パラリンピック2020特集

TOKYO2020

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Travel】街の個性派書店が勢ぞろい

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&w】30代は仕事も私生活も絶不調

    コシノヒロコさんの生き様

  • 写真

    【&Travel】忘れられない和傘、漆、額縁

    にっぽんの逸品を訪ねて

  • 写真

    【&M】1000円台で食べられるフレンチ

    食通シェフが通う店

  • 写真

    【&w】パリの市場でご機嫌ランチ

    パリの外国ごはん ふたたび。

  • 写真

    好書好日滝沢カレンさんの空想爆発

    「猛スピードで母は」の世界は

  • 写真

    論座福島原発「DCH」恐怖の夜

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサントーニのスニーカー

    気持ちが明るくなる純白の一足

  • 写真

    Aging Gracefully“いいトコ取り”アイテム

    アウター、バッグ、シューズ

  • 写真

    GLOBE+洋上風力7500倍以上?

    政府の目標、実現できるのか

  • 写真

    sippo「生きたい」「助けたい!」

    諦めない心が瀕死の子猫に奇跡

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ