メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

競技概要

視覚障がい者だけで行われるパラリンピックの柔道。陸上競技や水泳のような障がいの程度に応じたクラス分けはなく、オリンピックと同様に男女別・体重別の階級制で行われる。アイマスクなどは使わず、全盲や弱視など見え方の異なる選手同士でも、そのまま対戦する。

ルールはオリンピックとほぼ同じだが、大きく違う点は試合の始め方。両選手が互いに相手の襟と袖をつかみ、組み合った状態から「はじめ」となる。組み手争いの時間がないため、試合開始から技の掛け合いになる。全力での激しい技の応酬により、選手の体力の消耗は激しく、集中力と持久力が必要だ。

開始早々に「一本」で勝負が決する試合もあれば、試合終了間際の形勢逆転もあり、最後まで目が離せない。

※東京2020組織委員会公式ウェブサイトから引用

競技2020年8月9月
25262728293031123456
柔道
競技
柔道
  • 2018年10月19日現在
  • は予選、はメダル確定日を表す
  • 日本武道館

    日本武道館

    ©Tokyo 2020

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

TOKYO2020

東京パラリンピック開幕まで

あと

PR注目情報

オリンピック・パラリンピック取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

東京オリンピック2020特集

東京パラリンピック2020特集

TOKYO2020

注目コンテンツ