メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

競技概要

愛好者も多く、世界的に普及している卓球は、第1回のローマ1960大会から継続して実施されている競技の一つ。オリンピックで卓球が正式競技になったのはソウル1988大会。パラリンピックの卓球が先に始まっているのだ。

パラリンピックの卓球が対象とする障がいは幅広い。まず、肢体不自由と知的障がいの2つに大別され、肢体不自由クラスには車いすと(立って競技する)立位がある。試合はそれぞれの障がいの程度に応じて、さらに11クラスに分かれて競う。

使う用具や試合の進め方、得点の入り方といった基本的なルールはオリンピックの卓球とほぼ同じだが、障がいクラスによってサーブやトスなどに特別ルールが設定されている。

試合は男女別に、1対1で戦う個人戦と2~4人でチームを組んで戦う団体戦があり、それぞれクラス別に競技を行う。障がいに応じた多彩なプレースタイルや粘り強いラリーの応酬、多様な戦略など見どころは多い。障がいのない人も参加する大会でも上位入賞を果たす選手もいる。

※東京2020組織委員会公式ウェブサイトから引用

競技2020年8月9月
25262728293031123456
卓球
競技
卓球
  • 2018年10月19日現在
  • は予選、はメダル確定日を表す
  • 東京体育館

    東京体育館

    ©Tokyo 2020

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

TOKYO2020

東京パラリンピック開幕まで

あと

PR注目情報

オリンピック・パラリンピック取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

東京オリンピック2020特集

東京パラリンピック2020特集

TOKYO2020

注目コンテンツ