メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京パラリンピック2020車いすバスケットボール

競技概要

下肢障がいを対象とし、回転性や敏捷性の高い、専用の車いすに乗って行うバスケットボール。ボールやコートのサイズ、ゴールの高さや出場人数など基本的なルールはオリンピックとほぼ同じ。美しい放物線を描くシュートの正確性や車いすで走るスピード感、勢いあまって転倒もある選手同士の激しいぶつかり合いなど、多彩な魅力が人気の競技だ。

大きな特徴は「クラス分け」選手は障がいの程度や運動能力によって、重いほうから順に1.0点から4.5点まで0.5点刻みで8クラスに分けられ、コート上の5選手の合計点を14.0点以内で構成するというルールだ。幅広い選手起用が必要で、緻密な戦略に基づいた役割分担によるチームワークも見どころとなる。

巧みな車いす操作(チェアスキル)も見逃せない。車いすにはブレーキがなく、ダッシュ、ストップ、ターンなど選手はすべて自身の手で行うが、シュートには微妙なボールタッチが欠かせないため、ほとんどの選手は素手で車いすを操作する。体幹や腰を使って体の一部のように車いすを操る選手もいて、その身体能力の高さにも驚かされる。

※東京2020組織委員会公式ウェブサイトから引用

競技2020年8月9月
25262728293031123456
車いすバスケットボール
  • 2018年10月19日現在
  • は予選、はメダル確定日を表す
  • 武蔵野の森総合スポーツプラザ

    武蔵野の森総合スポーツプラザ

    ©Tokyo 2020

  • 有明アリーナ

    有明アリーナ

    2015年10月時点でのイメージ図/©東京都

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

TOKYO2020

東京パラリンピック開幕まで

あと

PR注目情報

オリンピック・パラリンピック取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

東京オリンピック2020特集

東京パラリンピック2020特集

TOKYO2020

注目コンテンツ