メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

東京パラリンピック2020ウィルチェアーラグビー

競技概要

ラグビーやバスケットボール、アイスホッケーなどの要素が組み合わさった球技で、バスケットボールと同じ広さのコートを使い、専用の車いす(ウィルチェアー)に乗った選手が4対4で対戦する。専用の丸いボールをパスや膝の上に乗せるなどして運び、車いすの前後4輪のうち、2輪がトライラインに達するか通過すると1トライとなる。

四肢に障がいのある選手を対象とし、筋力テスト、体幹機能テスト、動作の機能テスト、競技観察を実施し、選手ごとに、障がいの程度の重い方から順に0.5点から3.5点まで0.5点刻みで「持ち点」が与えられている。1チームの持ち点の合計は8点以内で編成しなければならず、選手起用も戦略のポイントとなる。車いす競技のなかで唯一、車いすでのタックルが認められており、激しいぶつかり合いも見どころだ。

※東京2020組織委員会公式ウェブサイトから引用

競技2020年8月9月
25262728293031123456
ウィルチェアーラグビー
  • 2018年10月19日現在
  • は予選、はメダル確定日を表す
  • 国立代々木競技場

    国立代々木競技場

    ©Tokyo 2020

PR情報
今、あなたにオススメ(PR)

TOKYO2020

東京パラリンピック開幕まで

あと

PR注目情報

オリンピック・パラリンピック取材班Twitter

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。

東京オリンピック2020特集

東京パラリンピック2020特集

TOKYO2020

注目コンテンツ