ReライフTOP読者会議Reライフ白書 with読者会議

50代からの地域デビュー<1>きっかけは人それぞれ 

更新日:2017年03月06日

 3月6日朝刊Reライフ面に掲載した記事のためのアンケート「男性の地域デビュー」には、たくさんの回答が寄せられました。地域デビューしている人へ、デビューのきっかけと活動内容を聞きました。地域活動に詳しい佐藤陽・十文字学園女子大学教授から、もっと楽しむための具体的なアドバイスをいただきました。


せっかくデビューした地域活動。もっと楽しむには?

東京に20年間単身赴任。神戸に戻って自分の居場所がなく、同じ悩みの友人と居場所を開いた。(兵庫県 70~74歳)

 この方のように同じ悩みを持つ人が周りにいたら、それが地域デビューのひとつのきっかけになります。地域の居場所やたまり場づくりで集った人たちで、何らかの地域活動を始めることもできます。


家を建てUターン。近所の親戚から県が主催する高齢者の学校を紹介され、即入学。(島根県 65~69歳)

 高齢者大学には様々なコースがあり、部活など受講生同士の交流の場もあります。その後の地域活動につなげられるようサポートしているところも多いので、地域の友人作りやデビューのきっかけになります。


退職後、市の議会や審議会を傍聴して文書質問を提出し、当局からの回答書をお願いしている。地方自治・地方行政の実際が見えてきた。(千葉県 65~69歳)

 行政の取り組みにおいて、各計画づくりなどの策定委員を市民公募することがあります。施策づくりに自ら参画できる機会になります。


持ち回りで講師になり、趣味、会社の裏話、病気、相続など自分の得意分野や話したいことを話すサロンを主催している。(千葉県 65~69歳)

 こうした活動への参加を広く様々な人に呼びかけて、助け合いの活動をはじめるきっかけにすることも可能です。それぞれの経験と学びをいかして、どうやって社会貢献するかをサロンに集う人たちと考えてみませんか?


民生委員、老人会、子供会、企業OB会幹事。頼まれればすべてOKした。(三重県 65~69歳)

 こうした積極的で柔軟な姿勢は、地域デビューに大切です。ただ、これまでの日常生活のリズムが変わってしまうほどにやりすぎると、生活がままならなくなってしまうおそれがあります。無理し過ぎないように気をつけましょう。


子供会の係をやったことがきっかけの町内会活動。しかし、子供が子供会を卒業した後も続けられるか不明。(岡山県 55~59歳)

 子ども会やPTAなど、子どもたちの活動を通じて出会った親が「おやじの会」をつくっているところもあり、継続的な関係をつくることは可能です。また、祭りや地域行事など子供会以外の町内会活動に積極的に関わって役割を持つこともできるでしょう。


佐藤陽(さとう・あきら)教授のプロフィール

十文字学園女子大学教育担当副学長、人間生活学部人間福祉学科教授、次世代教育推進機構ボランティアセンター長。社会福祉協議会福祉活動専門員、自治体の保健福祉部福祉課地域福祉係主任を経て現職。専門は福祉教育、地域福祉、ボランティア。「就労支援で高齢者の社会的孤立を防ぐ」(共著、ミネルヴァ書房)など著書多数。

 アンケートでは、今はしていないが地域デビューを今後したい人、今後もしたくない人からも、さまざまな回答をいただきました。関連記事「50代からの地域デビュー<2>お互い様の関係づくり」で掲載しています。


*読者会議の詳細についてはこちら(http://www.asahi.com/relife/dokusha)をご覧ください。

関連記事

Reライフ白書 with読者会議の関連記事

PAGE TOP