<連載> ギミック・ジャケットの世界

ただのレコードじゃない 遊べるジャケット

植村和紀のギミック・ジャケットの世界(1)

2017.11.02

 昔懐かしい黒いレコード盤には、ジャケットが単なる入れ物ではなく、それだけで楽しめる仕掛けが付いた「ギミック・ジャケット」という存在が少なからずある。
 この連載では、6回にわたり、国内有数のレコード収集家である植村和紀さんが、その知られざる世界について解説します。


 ミュージック・ジャケット・ギャラリー(MJG)は、2008年10月から、金羊社本社(東京都大田区鵜の木2丁目)の4階に常設されている135点のLP展示室です。今回の連載では、私の約2万5000枚のLPコレクションの中から、仕掛けのあるレアなギミック・ジャケットを六つのジャンルに分けて、動画を交えながらその魅力や楽しさを紹介していきましょう。
 1回目は、ここ数年のアナログ・ブームの中で若者にも再評価されてきているレコード・プレーヤーを模したギミック・ジャケット2点です。

動き回る兄弟デュオ
LON & DERREK VAN EATON/BROTHER(APPLE 1972)

パラパラ動画のレコードジャケット

 ロン&デレク・ヴァン・イートンの「ブラザー」は、ビートルズが設立したアップル・レコードの中でも異色のNY出身の兄弟デュオによるデビュー作。このLPはジャケット・アートの世界を大きく変える契機となったビートルズの「リボルバー」のアート・ディレクションも手がけたクラウス・フォアマン(プラスティック・オノ・バンドのベーシスト)のプロデュースによるもので、ジョージ・ハリソンやリンゴ・スターも参加したアメリカン・ルーツ・ミュージックに根差した傑作です。

 このLPのギミック・ポイントは、初回盤だけに付けられたフェナキストスコープ(目の残像錯覚を利用したパラパラ動画)の組み立てキットをレコード盤の上で再生すると2人の動く姿が同時に見られることです。

 33回転では2人はリアルに動き、45回転では2人はコミカルな動きへと変わります。ちなみに兄のロンはギターを左右に動かして弾きまくっており、弟のデレクはなぜかフロアタムを壊すかのようにたたきつけています。世界には様々なオマケが付いたギミックLPがありますが、パラパラ動画キットが付いたものはおそらくこれが世界初であり唯一のものかもしれません。

 ちなみにロン&デレク兄弟は日本では無名でしたが、第2回ワールド・ロック・フェスティバルのため、1976年8月14日に札幌の真駒内スケート・センター、21日に東京のよみうりランドで英国のスイートなどと来日公演を行っています。ベースには本作のプロデューサーであったクラウス・フォアマン、ドラムスにはジム・ケルトナーなどそうそうたるメンバーを率いていました。

表も裏もあるリアルなレコード・プレーヤー
HALFBREED/HALFBREED(UNITED ARTISTS 1975)

表も裏もあるリアルなレコード・プレーヤー

 遠めで見ると本物のレコード・プレーヤーと見間違えるほどリアルなギミック・ジャケットが、この英国5人組によるハーフブリードのデビュー&ラスト・アルバム。ジェネシスやロキシー・ミュージックなどのプロデューサーで知られるジョン・アンソニーによるブリティッシュ・ロック然とした骨太のサウンドを持つ快作です。

 フロント・カバーに付いたレコード盤のA面を持ち上げるとリアルなターンテーブルが現れて、レコード盤のB面もリアルな盤面に仕上がっています。バック・カバーには、ターンテーブルの裏側にあるモーターや配線など実にリアルなデザインも施されています。これほどレコード・プレーヤーそっくりなギミック・ジャケットは他にはなさそうです。ただチョッピリ残念なことは、このLPの上に本物のレコード盤を載せるとLPがターンテーブルからはみ出してジャケットそのものがほとんど隠れてしまうことです。

朝日新聞デジタルの「パラパラ漫画の仕掛けジャケット、レコードと共に回転」ページでも関連記事を掲載しています。ぜひご覧ください。

●筆者プロフィル 植村 和紀(うえむら・かずのり)

 1953年、千葉県生まれ。大学卒業後、オリジナル・コンフィデンス社に入社。93年に東芝EMIに入社し、邦楽・洋楽の宣伝・制作、デザイン部で編集担当。現在はフリーの収集家として活動中。ミュージックジャケットギャラリー(https://www.kinyosha.co.jp/mjg/)の雑誌版を月刊『ステレオ』(音楽之友社刊)に連載中。著書に『洋楽日本盤のレコード・デザイン』(グラフィック社刊)。

  • この連載について / ギミック・ジャケットの世界

    昔懐かしい黒いレコード盤には、ジャケット自体を楽しめる仕掛けが付いた「ギミック・ジャケット」が存在します。国内有数のレコード収集家の貴重なコレクションを紹介。動画も交え、知られざる世界を解説します。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP