<連載> ギミック・ジャケットの世界

壁に張って眺めたい ポスター型ジャケット

植村和紀のギミック・ジャケットの世界(4)

2017.11.24

 「ギミック・ジャケットの世界」4回目は、ジャケットを広げると大きなポスターに変化するというポスター・ジャケの2点です。これも30センチというLPの大きさを最大限に生かしたもので、広げたポスターは迫力にあふれています。

 3回目のスタンド編で紹介したカーヴド・エアのギミックLPも、このポスター・ジャケを折り変えることで、虹の色パターンが色々と変化します。ポスター・ジャケは、一種のインテリア・アートとしても実に魅力的なアート・ジャケットといえます。

特殊紙仕様の変形6面
 TUDOR LODGE / TUDOR LODGE (VERTIGO 1971)

変形6面の表紙

 メロウ・キャンドル、スパイロ・ジャイラと共に3大ブリティッシュ・プログレッシヴ・フォーク・グループといわれるチューダー・ロッジのデビュー作。英国チューダー様式をほうふつさせる曲線を多用した変形6面見開きポスターと、指紋のようなテクスチャー(質感)のある特殊紙が白眉です。この英国オリジナル初回盤は極めて入手困難な激レア盤です。日本では、2008年にユニバーサルミュージックからLPを再現した紙ジャケットCDで復刻されています。

変形6面広げたら

95×63センチの大迫力!
 BEGGARS OPERA / PATHFINDER (VERTIGO 1972)

宇宙飛行士

 英国5人組のプログレ・バンド、ベガーズ・オペラの3作目。これもフィリップス傘下のヴァーティゴから発売されたもの。6面見開きのポスターは広げると95×63センチ大の大迫力のアート・ジャケットになります。イラストは、ユーライヤ・ヒープやマンフレッド・マンズ・アース・バンドなども手がけたピーター・グッドフェロウです。日本では、2003年にユニバーサルミュージックからLPを再現した紙ジャケットCDで復刻されています。

馬に乗った宇宙飛行士

●筆者プロフィル 植村 和紀(うえむら・かずのり)

 1953年、千葉県生まれ。大学卒業後、オリジナル・コンフィデンス社に入社。93年に東芝EMIに入社し、邦楽・洋楽の宣伝・制作、デザイン部で編集担当。現在はフリーの収集家として活動中。ミュージックジャケットギャラリー(https://www.kinyosha.co.jp/mjg/)の雑誌版を月刊『ステレオ』(音楽之友社刊)に連載中。著書に『洋楽日本盤のレコード・デザイン』(グラフィック社刊)。

  • この連載について / ギミック・ジャケットの世界

    昔懐かしい黒いレコード盤には、ジャケット自体を楽しめる仕掛けが付いた「ギミック・ジャケット」が存在します。国内有数のレコード収集家の貴重なコレクションを紹介。動画も交え、知られざる世界を解説します。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP