「方言丸出し」で話せる、気兼ねなさが魅力

「同窓会」テーマに読者会議メンバー座談会@東京・新橋の居酒屋 (3)

2018.07.25

 50代以降、不思議と誘いが増える同窓会。7月上旬に、読者を代表して6人のメンバーが居酒屋に集まり、和気あいあいと意見交換をしました。その模様をお届けする座談会リポート第3回。参加したい人もやや苦手な人も、意見はいろいろあれど、「あっという間に『昔の顔』に戻れる」「懐かしい言葉、懐かしい仲間との語らい」といった同窓会ならではの魅力を語り合いました。

肩書抜きの付き合いができる貴重な機会

同窓会座談会

 「同窓会は楽しい!」という意見が多く飛び交った今回の座談会。茨城から東京へ出て、長らく故郷の友人との交流が途絶えていたという内海さんは、同窓会で故郷への思いが変わったといいます。

 「大学入学のタイミングで上京し、その後は子育てなどに追われて中学の同級生とのつながりがなくなった。自分の故郷は田舎だと思っていたので、そこから離れたかったという気持ちもありました。でも、年齢を重ねて同窓会に参加したら、飾り気なく付き合える田舎のよさに気づきました。方言丸出しの会話が、あんなにも楽しいなんて思いもよらなかったです」(内海さん)

 「昔の仲間が集まると、思いがけないほど出世している人がいる。そういった友人の話を、昔の関係そのままで聞けるのも楽しいですね」(直井さん)

 「逆に学校で成績優秀だった人が、社会でもトントン拍子で出世できるとは限らない。意外な道を選んだ友人もいたりして、その変化が面白いですね」(村尾さん)

 学校という同じ環境で、同じ時間を共有した仲間同士には特別な絆があるようです。大々的な同窓会よりも、仲間同士の小規模な集まりが好きだという村尾さんは、得がたい絆をこのように語りました。

 「たとえば社長になった友人に対して、同窓会で『社長』なんて肩書で呼びませんよね。ふざけて呼ぶことはあるけれど、それは親密な仲だからこそ。社会人になると地位や肩書を抜きにして付き合える機会は意外と少ないし、貴重なことだと思います」(村尾さん)

“あの頃”にすぐ戻れるかけがえのない関係

同窓会座談会

 同窓会での思い出話ももちろん楽しいですが、直井さんや村尾さんの話を聞くと、むしろ当時の関係そのままで会話ができること自体に、同窓会のよろこびがあるようです。

 「子どもができて、ママ友やPTAなどの集まりでいろいろな人との付き合いができました。でも、やっぱり学生時代を一緒に過ごした友人との時間は特別ですね。当時の気持ちで話しているから、同窓会でも『お前ら、女子高生の顔になってるぞ』なんてからかわれたりしました」(内海さん)

 「50代、60代になってもファーストネームやあだ名で呼び合える関係がある。一瞬であの頃に戻ってざっくばらんに話せる。みんな平等だったからこそですよね」(村尾さん)

 「3年間同じ学舎で一緒に過ごした安心感。18歳の頃の私を知られているから、今さら格好つけても仕方ない、という仲ですよね。利害関係もないし、上下もない。腹を探り合う必要もない。だから話しやすいし、楽しいのかもしれない」(高田さん)

 「同窓会に参加してから、改めて同級生とのつながりが持てました。定年を迎えて余暇ができた今では、みんな同窓会を心待ちにしています」(菅谷さん)

知らない人、ゆかりのない土地の同窓会も楽しい

 遠くの学校に通っていた、引っ越しが多かったという理由から、地元の人が大勢集まる同窓会には顔を出しづらいと感じる人も多いよう。しかし、高田さんはこう話します。

 「私の家庭は転勤族で、母校がある市には5年しか住んでいませんでした。だから幼なじみがいるわけでもないし、地元というわけでもない。でも学生時代の思い出はやはり濃厚ですから、みんなと会ったら楽しいですよ。『地元じゃないから出にくい』という人もいるけれど、あまり関係ないと思います」(高田さん)

 クラス単位、学年単位とは別に、あらゆる期の卒業生が集まる大規模な同窓会もあります。顔見知りでない人も多く集まるこのような同窓会には、どのような楽しみがあるのでしょう。

 「期をまたぐ同窓会では、年次が上の先輩方から元気をいただける機会が多いです。70代、80代になったとき、あんなふうに年齢を重ねられていたらと思います」(高田さん)

 「就職活動ではないけれど、若い人の場合は、人とのつながりを求めて参加する場合もあるみたい。年齢にかかわらず、相談ごとがあっても所属しているコミュニティーで言えないこともあるし、そんなとき、いろんな人と話ができるから、同窓会っていいですよね。私自身、なんでみんなに会いたくなるのかなと思い返すと、まだまだ悩みが尽きないからなのだと思います」(内海さん)

<参加したメンバー>
村松寛一さん(56)神奈川県
直井知廣さん(67)神奈川県
村尾基雄さん(52)千葉県
内海かおるさん(56)神奈川県
高田かおりさん(59)東京都
菅谷要子さん(74)神奈川県


<協力/有薫酒蔵~高校よせがきノートの店~>
http://www.shinbashi-yukun.com/


関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP