同窓会でアンチエイジング? 心が若返るメカニズム

日本メンタルアップ支援機構代表理事 大野萌子さん(上)

2018.07.25

 Reライフ世代になって「最近同窓会の誘いが増えた」という人は多いのではないでしょうか。この夏の帰省のタイミングに同窓会が開かれる、同窓会に参加するという人もいるかもしれません。男性女性に関わらず「これからの人生」を考えたときに、見えてくるのが「これからの人間関係」。自分が今まで築いてきた人間関係とコミュニティーの中で、損得を考えずに安心してつながることができる−—。それが「同窓会」なのです。

日本メンタルアップ支援機構代表理事 大野萌子さん
 日本メンタルアップ支援機構代表理事の大野萌子さんは、同窓会に参加することは「自己回復」につながるメリットが大きいと話します。

 「人には本来、自分のことを知ってほしいという欲求があります。しかし、普段の生活や仕事で自己開示をするという機会はあまりありません。同窓会の場というのは、昔を知っている人たちの集まりなので、あらかじめ自分のことが知られているという安心感があるのです。すでに知っている仲間の中で、お互いにもう一度認め合えることは、自分のいいところを再認識できる、自己回復につながるのです」

 同じ時代をともに過ごし、思い出話ができる仲間とのひとときは「非日常でありながら、昔の自分とつながることもできる」かけがえのない時間。例えば「昔絵が好きだったよね」などと話しかけられたことがきっかけで、思い出話の中から自分が好きだったことを思い出して新たな趣味につながったり、学生の頃には話したことのなかった同級生が、実は同じ音楽が好きでライブ仲間がみつかったりするケースもあるそう。大野さんご自身も同窓会で再会した友人に山登りに誘われて「普段なら絶対に行かないけれど、みんなが行くならと参加して、とても楽しかった」と実体験を話してくれました。

 「これからの仲間に会いに」「過去の自分とつながりに」肩の力を抜いて、ぜひ同窓会に参加してみませんか。

(取材・文 新海あすか)

大野 萌子(おおの・もえこ)

一般社団法人日本メンタルアップ支援機構(メンタルアップマネージャ(R)資格認定機関)代表理事。メンタルアップマネージャ、産業カウンセラー、2級キャリアコンサルティング技能士。企業内健康管理室カウンセラーとしての経験を生かした、人間関係改善に必須のコミュニケーション、ストレスマネジメントなどの分野を得意とする。現在官公庁をはじめ、大手企業、大学、医療機関などで講演・研修を行い「生きたメンタルヘルス対策」を提供している。著書に『「かまってちゃん」社員の上手なかまい方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)等がある。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP