<連載> ひとりでできる男の昼メシ

まさか、沸騰する前にそうめんを投入!?

定年ごはん/ひとりでできる男の昼メシ そうめん

2018.09.18

 「料理は初めて」という定年世代の男性を対象に10年以上前から料理教室を開いている山田玲子先生。人生初の料理に悪戦苦闘する姿には、思わずクスッと笑ってしまうようなことも。そんなエピソードをまじえながら「昼メシ」レシピを紹介します。まずは、ゆでるだけなのに、「沸騰」の状態がわからずに失敗してしまう人が続出する「そうめん」です。

定年ごはん_そうめん

 そうめんは「ゆでるだけだから簡単!」と思っていらっしゃる男性が多いようですが、実際やってみると、麺が4~5本束になったままゆで上がって固かったり、ぬめぬめしておいしくなかったりということがよくあります。

 失敗の原因の一つが、お湯の量が少な過ぎること。料理に慣れていない男性は、ゆでるときにどんな鍋を使ったらいいかわからず、小さめの鍋を用意しがち。麺をゆでるときは、麺の長さ以上の直径の鍋を使い、たっぷりのお湯でゆでましょう。

定年ごはん_そうめん
沸騰前
定年ごはん_そうめん
沸騰した状態

 また、お湯が沸騰する前に麺を入れてしまうのも、失敗の原因に。鍋の中でプツプツ小さな泡が出ているくらいでは、温度が低すぎます。ボコボコと大きな泡が波打つくらいになるまで待ってから麺を入れましょう。そして、麺を入れたらゆで上がるまでは目を離さないこと! ふきこぼれそうになったら、火を弱めて待ちます。

 ゆで上がった麺は、素早く流水で洗いながらぬめりをしっかりとります。このぬめりをとることも、おいしく仕上げるポイントです。

材料 (2人分)
そうめん・・・3束
めんつゆ(市販品)・・・1カップ

薬味
青じそ・・・3枚
みょうが・・・2個
生姜・・・1片

作り方
1 青じそ、みょうが、生姜はせん切りにする。
2 そうめんはたっぷりの湯を沸かしてゆでる。
3 ゆで上がったら冷水でよく洗ってから水気を切る。
4 手でくるりと巻いて盛り付ける。


 薬味の青じそやみょうがをできるだけ細く切ると、麺によく絡み、舌触りもよくおいしく感じます。「同じ薬味は飽きちゃった」、という人は、刻んだ漬物や梅干しなどで代用すると、アレンジメニューを楽しめます。

青じそのせん切り

1 そろえて重ねる
2 軸を切り、くるっとまるめる
3 端から細かく切る

みょうがのせん切り

1 縦二つに切る
2 縦に薄く切る
3 端からさらに細く切る

撮影/難波純子 『定年ごはん』(山田玲子著/大和書房)より

山田 玲子(やまだ・れいこ)プロフィル

 フェリス女学院大卒業後、調理師免許を取得。1995年より東京・杉並区の自宅にて、料理教室「Salon de R」を主宰。料理が美味しいのはもちろんのこと、おおらかな人柄と面白い話に、笑いの絶えない料理教室として評判を呼び、生徒のリピーター率が高い。「食は一番身近な外交」と、NY、シンガポールなどで定期的に料理教室を開催。また、千葉県市川市で男性向けの料理教室を開催し、個性豊かな男性たちにもひるまず、時におだてて時に厳しく指導する人気講師として評判が高い。著書に「おにぎりレシピ101」(ポット出版)、「NY発!サラダBOWLレシピ」(大和書房)などがある。

定年ごはん
 山田 玲子 (著) / 大和書房
定価 1404円(税込)

 定年準備するならお金よりごはん!料理しないまま、人生を終えるなんて、もったいない!昼メシからつまみまで66レシピ。本書が目指すのは「たまに作る凝った男の料理」ではなく、「ふだんのごはん」を作れるようになること、です。

  • この連載について / ひとりでできる男の昼メシ

    「料理は初めて」という定年世代の男性を対象に10年以上前から教室を開いている料理研究家が紹介するレシピ本「定年ごはん」から定番メニューを紹介します。人生で初めて料理に向き合う定年男子たちのエピソードも。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP