<連載> アピタル・トピックス

便秘だと労働生産性が低下 年間の損失、推計122万円

2019.11.22

 便秘の人は、便秘でない人よりも欠勤が多く、経済的損失は年間約122万円に相当する――。そんな推計を兵庫医科大学などの研究チームがまとめた。5月にあった、米国消化器病学会で発表した。

  チームは、慢性便秘症患者の労働生産性と生活の質(QOL)について調査。民間の調査会社による日本人約3万人分の健康情報(2017年)をもとに、慢性便秘症と診断された患者(963人)と便秘ではない人(同)の働き方を比較した。

 その結果、慢性便秘症の患者は1週間に占める欠勤率が8.8%で、便秘でない人(3.8%)より2.3倍高かった。出勤しても注意深く仕事ができないなど、健康上の問題が生産性に影響した割合は便秘の人が33.2%で、便秘でない人(19.1%)の1.7倍だった。便秘以外の持病の有無は考慮していないという。

便秘と労働…ロジェクト

  こうした数値をもとに、日本人の平均賃金に照らして経済的損失を推計。年間約122万円にのぼり、便秘でない人(年間約69万円)の1.8倍に相当した。便秘の症状が重いほど、生産性が落ちることも分かった。

(鈴木彩子)

2019年6月10日付け朝日新聞デジタル「アピタル」から

  • この連載について / アピタル・トピックス

    世界各国で次々と明らかにされる「腸内フローラ」の可能性。朝日新聞の医療・健康関連記事を集めたサイト「apital(アピタル)」から、最新トピックスを紹介します。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP