<連載> 動画でわかる!自宅でできるかんたん健康レッスン

免疫力をアップ! 自宅でかんたん「まき割り体操」

筑波大学・久野譜也さん監修 楽しみながら体を動かそう(1)

2020.04.08

 運動不足になりがちないま、健康政策とスポーツ医学が専⾨の筑波⼤学⼤学院教授の久野譜也さんが監修した、⾃宅でできる簡単な体操の動画が公開されています。Reライフ.netでは、この動画を順次紹介していきます。第1回は「まき割り体操」。久野さんに「免疫⼒」を⾼めるコツも聞きました。

●まき割り体操のやり方

・肩幅よりちょっと広めに立ち、手を前に突き出して組む。
・ゆっくり「1、2、3、4」と数えながら4秒かけて沈み込む。
・この体勢から5回、手を大きく振り上げて前に降ろす「まき割り」の動作をする。
・その後、「1、2、3」と数えながら、ゆっくりもとの姿勢に戻る。
・この動作を3~5回繰り返して1セット。
11~2セットを週に3日~5日実施してください。

※膝を前に出さないでください。膝を痛めてしまいます。

久野さんのワンポイントアドバイス

 運動不⾜になっている実感はありませんか︖
 活動量が落ちると免疫⼒が下がることが科学的にわかっています。新型コロナウイルスはもとより⾵邪など様々な病気にもなりやすくなるのです。
 予防のために、運動で体温を上げましょう。
 ⾷事も⼤切です。筋⾁維持に役⽴つたんぱく質や、⿂やきのこ類に含まれるビタミンD、そして、腸内環境を整える発酵⾷品や⾷物繊維も意識してとるようにしてください。
 笑顔もポイント。免疫力をあげるナチュラルキラー細胞が増えるとされます。ちょっとの努⼒と⼯夫で⼼⾝の健康は保てることを知っていただければと思います。

  • 久野 譜也
  • 久野 譜也(くの・しんや)

    筑波大学大学院教授

    1962年生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科教授(スポーツ医学)。中高年の筋力運動、サルコペニア肥満、健康政策などを研究。同大学大学院博士課程医学研究科修了。東京大学教養学部保健体育科助手、ペンシルベニア大学医学部客員研究員などを経て、2011年より現職。大学発ベンチャー「(株)つくばウエルネスリサーチ」を起業。著書に『60歳からの「筋活」』(三笠書房)、『寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい』(飛烏新社)など。

  • この連載について / 動画でわかる!自宅でできるかんたん健康レッスン

    動画をみながら、自宅で手軽にできる体操をしてみませんか?健康維持に役立つ、専門家によるワンポイント解説も紹介しています。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP