<読者ブログ>

<連載> シネマのある人生(映画部)

前作に残された謎がすっきり解明 「アナと雪の女王2」の姉妹愛が心に響いた

「アナと雪の女王2」/おとなの映画感想文

2020.05.07

 読者会議メンバーから映画レビューを募る企画に、2019年に公開されたディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王2」の感想が寄せられました。大ヒットした前作は記憶に新しいところ。全世界の人々を魅了したエルサとアナの3年後の物語です。
 なぜエルサに“魔法の力”が与えられたのか、前作で描かれなかった謎が解き明かされ、姉妹の物語は完結へと向かいます。エルサにしか聞こえない不思議な歌声に導かれ、姉妹はクリストフとオラフをともない、未知なる世界へ。それは、エルサの秘密を解き明かす、驚くべき旅の始まりだった――。

エルサとアナの絆の強さに心が震えた

 『アナと雪の女王2』を鑑賞しました。松たか子さんと神田沙也加さんの歌声が聞きたかったので吹き替え版にしました。字幕に気をとられることなく、歌声と素晴らしい映像に集中できました。
 前作を鑑賞した後、なぜエルサだけ氷の力を持っているのか、両親が子どもを残して旅立った理由は?という疑問が残っていたのですが、本作ですっきり解明できました。
 舞台は前作から3年後の王国。幼い頃父母から聞いた森と精霊の話が、未知への冒険の伏線となっています。王国の平和を守るため、自分の力の秘密を明かすためエルサが立ち向かう冒険は、最高の映像美と迫力で描かれています。
 エルサとアナの絆の強さには心震え、涙がこぼれました。美術面ではエルサとアナの衣装と髪形の美しさにうっとり。かわいらしいキャラクターも登場し、家族みんなで楽しめる最高の娯楽作品です。
 ただ、少女から大人の女性となった姉妹が担うことになるエンディングの役割には賛否あるかもしれません。
(東京都 黒沢美佐子さん 50代)

非日常の世界を満喫しました

 仕事が休みの日曜日に一人で近くのTOHOシネマズに「アナと雪の女王2」を見に行きました。 カ-ドにはあらかじめチャ―ジされているので、チケット売り場で現金の代わりに出すだけで簡単でした。前売り券では上映期間が決まっていますが、シネマカ-ドは一年間有効なので、プレゼントにも良さそうです。
 「アナ雪2」はアニメーションなのに、実写かと勘違いさせられるほどの映像で、劇中歌も心にずっしりと響きます。愛をテ―マにした作品で、涙がこぼれ落ちました。 非日常にどっぷり浸れるので、映画はやはり映画館で見るのをおすすめします。
(東京都 松本喜久代さん 50代)

  • この連載について / シネマのある人生(映画部)

    Reライフ読者会議では、登録メンバーから映画を見た感想を投稿してもらう企画を不定期で開催しています。映画に人生を重ね、触発され、人生を再考する。そんな映画好きのReライフ世代の声を集めました。

関連記事

おすすめ記事

PAGE TOP