<連載> アピタル・トピックス

「私は便秘」宮崎多い?鹿児島は長期滞在派 九州を調査

2020.05.22

 「自分は便秘だ」と思っている人の割合は宮崎県民が最も高く、トイレに入っている時間が長いのは鹿児島県民の8.2分が最長――。健康情報会社ウエルエイジング総研(東京)が3月、九州7県で25~59歳の男女計1078人を対象に実施したウェブ調査から、そんな傾向がわかった。

トイレイメージ

 「あなたは自分が便秘だと思いますか」という問いに「思う」「どちらかと言えば便秘だと思う」と答えた人が宮崎県は計42.9%と最も多かった。7県平均の38.1%より4.8ポイント高く、7位長崎県の29.9%と13ポイントも差が開いた。7県全体の男女別では、男性22.6%に対し、女性は53.6%で圧倒的に女性が高かった。

 「便のにおい」を尋ねると、「悪臭」「どちらかと言えばにおう」と答えた人の合計が宮崎県は81.2%で1位に。7位は長崎県の71.4%。また、「オナラのにおい」についても「悪臭」「どちらかと言えばにおう」と答えた人は宮崎県が83.8%でトップ。7位は熊本県の71.4%。

 排便の回数は便秘の状態を知るひとつの指標とされているが、「1週間の平均排便日数」で大分県は、「毎日」と答えた人が最多の46.1%だった。最低は福岡県の34.4%で、7県平均は40.4%。

 トイレで排便にかかる時間が長いのも、便秘の特徴的な状態とされる。「排便にかかる時間」が最長は8.2分の鹿児島県。7県平均は7.2分だった。

(上林格)

2020年5月15日付 朝日新聞デジタル「アピタル」から

  • この連載について / アピタル・トピックス

    世界各国で次々と明らかにされる「腸内フローラ」の可能性。朝日新聞の医療・健康関連記事を集めたサイト「apital(アピタル)」から、最新トピックスを紹介します。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP