<連載> 動画でわかる!自宅でできるかんたん健康レッスン

感染対策を万全にして、家族や夫婦で楽しくランニング

筑波大学・久野譜也さん監修 ルールを守って歩こう走ろう(3)

2020.05.29

 運動不足が気になる今、筑波大学大学院教授の久野譜也さんが監修した、外で歩いたり走ったりする際の注意点やポイントを解説する新シリーズ。今回は、感染予防をしながら安全に楽しむ運動のやり方について、調査結果や実例を交えてご紹介します。

久野先生からのワンポイントアドバイス

 天気の良い日に外でランニングなどをすると気持ちが良いですよね。マスクをして周囲との間隔をとって、感染に気をつけながら体を動かす人が増えてきました。

 並んで走る場合、隣との間隔は1.5メートル以上空けてください。その上で今回お伝えしたいのが、安全に心肺能力を上げられる方法です。

 そのキーワードが「ニコニコペース」。人と話しながら走っても息が切れず、つらくないくらいのスピードで走るペースのことです。このペースで走ってもらえれば、安全かつ十分な運動効果が得られることが科学的に証明されています。

 マスクをつけて走ると呼吸がしにくくなるため、心臓や肺に負担がかかっているようになります。ですから、ふだんよりも走るスピードを抑えると快適に走れますよ。

 コロナウイルスは目の粘膜からも感染します。走る際は、サングラスやメガネなどをかけるといいと思います。

 汗も、手で直接ぬぐわず、タオルで拭くこと。帰宅後は必ず、手洗い・うがいも忘れずに。

 楽しく安全に、そして笑顔で体を動かすことは、心身の健康にとって非常に大切です。コロナウイルスとの戦いはまだまだ続きますが、しっかり対策をした上で、明るく健康的な毎日を過ごしましょう。

  • 久野 譜也
  • 久野 譜也(くの・しんや)

    筑波大学大学院教授

    1962年生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科教授(スポーツ医学)。中高年の筋力運動、サルコペニア肥満、健康政策などを研究。同大学大学院博士課程医学研究科修了。東京大学教養学部保健体育科助手、ペンシルベニア大学医学部客員研究員などを経て、2011年より現職。大学発ベンチャー「(株)つくばウエルネスリサーチ」を起業。著書に『60歳からの「筋活」』(三笠書房)、『寝たきり老人になりたくないなら大腰筋を鍛えなさい』(飛烏新社)など。

  • この連載について / 動画でわかる!自宅でできるかんたん健康レッスン

    動画をみながら、自宅で手軽にできる体操をしてみませんか?健康維持に役立つ、専門家によるワンポイント解説も紹介しています。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP