泊まりがけの帰省・旅行 「しない・未定」が8割

「新型コロナと夏の帰省・旅行の変化」調査結果(上)

2020.08.05

 この夏、泊まりがけの帰省や旅行を「しない」人と「未定」の人は、あわせて全体の8割を占め、「しない・未定」の人の割合は、大都市圏では、東京が高く、大阪で低い傾向にある--。今月初めまでの約2週間、朝日新聞Reライフプロジェクトが読者会議メンバーの皆さんを対象に実施した「新型コロナと夏の帰省・旅行の変化」に関するアンケートで、こんな結果がまとまりました。

旅イメージ

東京と大阪で、旅行意欲に逆傾向

 「あなたは今年、夏休みに泊まりがけの帰省や旅行をしますか」という質問に対し、回答を寄せた521人のうち、「する」と答えた人は20%にとどまりました。一方、帰省・旅行を「しない」という人は、その3倍の60%と最も多く、「まだ決めていない」という人は20%でした。

夏休みの旅行・帰省アンケート

 「しない」「未定」の理由として、大多数の人が挙げたのは、新型コロナです。「感染が怖い、感染させることが怖い」(神奈川県・50代女性)、「コロナ感染の状況を見極めてから」(60代男性)といった声が寄せられました。一方、帰省や旅行をする人の行き先(複数回答)は、帰省が全体の6%、国内旅行が16%でした。

 住んでいる都道府県別でみると、帰省・旅行を「しない」人の割合が最も多いのは、感染の急拡大をうけ、外出自粛の要請がでた東京都(66%)。「する」と答えた人は14%にとどまりました。逆の傾向にあるのは大阪府。「しない」という人は46%と半分以下になる一方、「する」と答えた人の割合は29%と、東京都在住者の2倍でした。神奈川、千葉、埼玉の3県は、東京と大阪の中間で、「しない」という回答が59%、「する」という答えが18%でした。

Go To トラベル「利用しない」が過半

 一方、昨年の帰省・旅行の有無について聞いたところ、「帰省・旅行をした」人が68%、「しなかった」人は全体の三分の一足らずでした。また、海外旅行をした人は、ほぼ8人に1人の割合、全体の14%に達していて、今年(0%)との違いが浮き彫りになりました。

夏休みの旅行・帰省アンケート

 旅行先の宿泊費やツアー代金を割り引く政府のGo To トラベルキャンペーンに関しては、予約を含め「すでに利用した」と答えたひとは3%弱にとどまり、今後利用したいという人は21%。逆に「利用しない」というひとは、過半を超え、54%を占めました。

夏休みの旅行・帰省アンケート

 調査は、読者会議メンバーを対象にReライフプロジェクトのwebサイトで2020年7月22日~8月3日に実施。有効回答は521人(男性44%、女性56%)。年代別では49歳以下12%、50代30%、60代35%、70代19%、80代以上4%。

<関連記事>

・帰りたいけど帰れない コロナ懸念と親への思いに揺れ動く/「新型コロナと夏の帰省・旅行の変化」調査結果(中)

・「Go To トラベル」 期待の一方、感染再拡大で戸惑いと懸念も/「新型コロナと夏の帰省・旅行の変化」調査結果(下)

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP