<連載> あの人の腸活

継続のコツは「おいしく、楽しく」西村知美さん流 腸活のススメ

腸内環境を意識した食生活の中身とは?

2020.08.25

 「21世紀は腸の時代」とも言われ、とくに腸内細菌の多くがすむ大腸の役割や、全身の健康と大腸の関係が注目されています。腸セラピーリッチインストラクターなど腸活に役立つ資格取得や腸内環境を意識した食生活を続け、エネルギッシュな毎日を送る西村知美さん(49)に、腸活との楽しい付き合い方について聞きました。

 ◇

 街中でいろんな方に声を掛けられるんですけれども、「あれ?テレビより痩せてるね」って言われるんですよね。やっぱり、テレビだとちょっと太って見えるんだなと、いつも実感します。言葉では「もう50だから」とか何とか言っているんですけど、気持ちの中では「いつも20代!」って思うようにしていて。口にするとみんなに引かれてしまうので、心の中だけでそう思いながら行動するようにしています。

心の中では20代! 若いエネルギー吸収し若々しく 

 昔、歌手の錦野旦さんに「いつもお元気ですけども、秘けつはなんですか」とうかがったら、「僕はね、いつも自分の年齢よりも20歳以上若い人と遊んでいるんだよ」と。若い人からいろんなものを吸収できるとのこと。だから私も、高校2年生の娘がお友達と遊ぶときは、ときどき参加させてもらってます。会話に入れてもらうと、私の知らない面白い話や流行していることを教えてもらえ、視野も広がりますし。いろんなことを一緒にするとすごく楽しいし、本当に気持ちもどんどん若くなっていきます。格好やヘアスタイルもだんだん、若くなってくるんですよね。そういう感じで時々、娘やお友達にお願いして一緒に遊ばせてもらい、若いエネルギーを吸収していますね。

ヨーグルトは朝晩2回 ビフィズス菌を意識して 

 昔から胃腸が弱く、気をつけて生活してきました。結婚後、夫の両親はすごく健康でうらやましいなと思い、食生活を見ていたら毎朝、ヨーグルトを食べていたんですよ。私もまねをして、極力ヨーグルトを食べるようになりました。

 そして3年前、大腸がテーマのシンポジウムに出させていただいたとき、腸内フローラを整えることが大事と教わりました。腸内フローラには腸内細菌が1000種類ぐらいすんでいるそうで、想像しただけでもすごい。それがお花のように広がっていて、フローラという響きもかわいいですよね。

西村知美さん
撮影:篠田英美

 その中で、できればヨーグルトでも、ビフィズス菌入りがいいっていうのも聞いて、人生観が変わりましたね。「ビフィズス菌は全部のヨーグルトに入っていたんじゃないの?」と思っていたのに、全部には入ってないと知り、衝撃的でした。ヨーグルトだったらなんでもいいと思って食べていたのですが、やっぱり菌もちゃんとよく考えて食べたほういいと。オリゴ糖はビフィズス菌など善玉といわれる腸内細菌を増やしてくれると聞いたので、ビフィズス菌入りヨーグルトにオリゴ糖をかけて、朝晩2回、食べています。

 納豆は夜派。寝ている間、腸はすごく動いているんじゃないかっていう私の勝手なイメージで。だったら夜食べて、寝ているときに「腸内細菌よ、頑張ってたくさん増えて」って思うんですよね。だから、私はヨーグルトも納豆も夜にとります。毎朝、娘にヨーグルトを食べさせているので、ヨーグルトはけっきょく朝晩2回ですが。

発酵食品も大好き 菌活で気持ちも晴れやか 

 私は小学生の頃からひどい便秘症。変なところが似てしまったのか、娘も私以上にひどい便秘で。やっぱり食生活って大事だなとすごく思いますね。ママ友とのお茶会でも皆さん、腸内環境の話が話題になるのを耳にすると、「ああ、皆さんやっぱり意識してとりいれているんだな」って思うようになって。料理人である夫も「食事の時間はただ栄養を補給するだけにしたくない」って話しています。やっぱり食事は本当に楽しい時間に、そして家族のコミュニケーションの場にしたいっていう風にいつも言っていますので、そういう意味でも無理なくできれば、といつも意識していますね。

 ビフィズス菌入りのヨーグルトに加え、発酵食品もよく食べます。キムチが大好きなので、発酵食品であるみそと合わせてチゲ鍋もよくやりますし、納豆とキムチを混ぜて卵とじにしたりね。あとべったら漬けも大好き。チーズもアンチョビも発酵食品の一つだと聞いて、自然と発酵食品に囲まれながら生活しているんだなと、日々の食生活を振り返り、改めて思いますね。

 そうそう、ビフィズス菌入りヨーグルトを使ったオススメレシピを一つ紹介します。家でもよくやっている「シーザーサラダ」。レタスをちぎり、ヨーグルトなど食材を袋に入れて混ぜるだけでできるお手軽料理で、子どもと一緒にフリフリしながら簡単にできるので、お友達のホームパーティーとかでも人気です。なにより作り方がシンプル。ヨーグルトもとれ、食物繊維やたんぱく質も取れる。オススメなのでみなさんぜひ。

 ヨーグルトをはじめ、菌活を意識した食生活で腸内環境が良くなるとお通じも改善し、肌質も良くなります。気持ち的にもリフレッシュでき、お出掛けしたくなるのって、一番いいですね。(談)

【西村さんお手製シーザーサラダのレシピ】

・ビフィズス菌入りヨーグルト 大さじ2
・マヨネーズ 小さじ1
・粉チーズ 小さじ1
・ちぎったレタス 1~2枚
・細かく切ったハム 1枚
・黒こしょう、塩、レモン汁、コーンフレーク(いずれも適量)

以上の材料を袋の中に入れ、振って混ぜれば完成。

T西村知美さんお手製シーザーサラダ
西村さんがつくったシーザーサラダ(本人撮影)

<関連記事>

  • 西村 知美
  • 西村 知美(にしむら・ともみ)

    タレント 俳優

    1970年、山口県生まれ。86年、映画「ドン松五郎の生活」で初主演、同映画の主題歌でアイドル歌手としてもデビュー。TBS系「さんまのスーパーからくりTV」などバラエティー出演で人気に。97年に結婚し2003年に長女を出産。現在はテレビや映画、ラジオなど多方面で活躍している。今年は映画「浅草花やしき探偵物語~神の子は傷ついて~」に出演している。

  • この連載について / あの人の腸活

    日頃から大腸を意識し、食や暮らしの改善に取り組む著名人に、私たちのお手本になる「腸活」への取り組みを取材。年齢を感じさせず、いつまでもアクティブな生活を送る「あの人」の元気の秘密に迫ります。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP