<連載> 専門家のお悩み相談室

菩提寺からの高額なお布施の請求に困り、檀家をやめたい

シニア生活文化研究所所長・小谷みどりさんが疑問に答えます(8)

2020.09.11

 人生の終末期は、誰にでも訪れます。少子高齢化による「多死社会」を迎える中、弔いのあり方も多様化しています。あなたは、ご自分のお墓をどうしたいと考えていますか? Reライフ読者会議メンバーの疑問に、Reライフ.netで「”ひとり死”時代の葬送と備え」を連載した、シニア生活文化研究所長の小谷みどりさんが答えます。

お布施イメージ

Q:岩手県の50代男性からの質問

 檀家(だんか)をやめることを考えています。妻の実家の両親が亡くなり、その一人娘の妻が亡くなったので、お墓の管理や住職との付き合いといった役割を担っています。住職の高額なお布施(60万円)の請求、供物は物ではなく現金3万円の要求、故人のお膳代の請求(仏前にはお膳はありません)など、諸費用の要求に困っています。

A:小谷さん「離檀料の支払い義務はない」

 生まれ育った場所で一生を終える人が少なくなり、遠く離れた場所のお寺に先祖のお墓があるなど、菩提(ぼだい)寺とのつきあいに疑問を持つ人が増えています。菩提寺に、先祖のお墓を人質ならぬ「ハカジチ」としてとられていると感じている人も少なくないのか、実際、菩提寺と縁を切るために、民間霊園や市営霊園にお墓を引っ越す人もいます。

 お葬式と法事でしかつながりがないのに、なぜ寄付を強要されるのかと思う人もいるかもしれませんが、檀家は菩提寺を経済的に支えるスポンサーです。

 とはいえ、憲法で信教の自由が保障されており、家の宗教や宗派に関係なく、誰でも自由に好きな宗教を選択できます。現代では、檀家制度は実際には存在しません。しかし、代が替わるたびにお墓を引っ越したり、宗派を変えたりするのは大変なので、家の宗教という名のもとに、菩提寺との関係を子々孫々継承しなければならないと私たちは思い込んできたのです。お布施の問題が起きるのは、檀家がお寺と信仰でつながっていないことの証しです。

 昨今では、お墓のあり方が多様化し、継承を前提としない合葬墓や期限付きのお墓、あるいはそもそもお墓を持たない選択をする人もいます。地方出身者が多い首都圏では、菩提寺を持たない人の方が多いのですが、菩提寺がなくても、希望する宗教や宗派でお葬式や法事をすることができます。

 檀家をやめたいと伝えると、離檀料と称するお布施を要求するお寺もありますが、檀家に支払い義務はありません。

<こんな声も寄せられました>

  • ・菩提寺は永代供養は受けない、檀家とのつながりが切れると言われます。毎年春秋の彼岸、お盆、お施餓鬼、5回墓参りをしていますが、その都度お布施(1万円)、お塔婆(3千円)×2、年間維持費(1万円)の支払いがあります。お寺は縁が切れないようにつなぎ留めています。我々の代はそれでも良いですが、子どもの代になった時は維持できるか心配です。(千葉、70代男性)
  • ・私は先祖代々のお墓を守ろうとは思っていますが、子どもには好きにしてもらえばいいと思っています。ただ檀家から脱退するとなると面倒なこともあるでしょう。子どもがお墓をいらないと言うなら私が生きている間に墓じまいをしてから死にたいです。(愛知、50代女性)

<専門家のお悩み相談室 シニア生活文化研究所長・小谷みどりさんが答えます>

  • 小谷みどり
  • 小谷 みどり(こたに・みどり)

    シニア生活文化研究所長

    大阪府出身。博士(人間科学)。専門は生活設計論、死生学、葬送問題。2018年末まで第一生命経済研究所に25年余り勤務。国内外のお墓や葬儀の現場を歩き、その実態や死生感の変化などを著書などで伝えている。著書に『<ひとり死>時代のお葬式とお墓』(岩波新書)、『ひとり終活』(小学館新書)、『没イチ パートナーを亡くしてからの生き方』(新潮社)など。奈良女子大学、立教セカンドステージ大学で講師をするほか、身延山大学、武蔵野大学の客員教授も務める。

  • この連載について / 専門家のお悩み相談室

    「第二の人生」を生きていく上で、誰もが様々な課題に直面します。Reライフ読者会議のメンバーから寄せられた悩みや疑問を皆で共有し、解決のヒントを専門家に教えてもらいます。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP