<読者ブログ>

<連載> みんながモニター

一瞬でシュパッと元通りになるエコバッグ 想像以上にストレスフリー

マーナ「Shupatto コンパクトバッグ」/商品モニター体験レビュー

2021.04.15

 マーナ「Shupatto(シュパット)シリーズ コンパクトバッグ」を試してみた読者会議メンバーの感想が届きました。千葉県の片山敦子さんからは「一瞬で気持ちいいほどシュパッと元通りになり、おかげでストレスフリーです」といったコメントが寄せられました。

読者会議メンバーがモニターした
マーナ「Shupattoシリーズ コンパクトバッグ(M)」

  • コンパクトエコバッグ
  • 両端を引っ張ると一気にたためるShupatto(シュパット)シリーズ
    コンパクトバッグ(M)
    マーナ

     荷物の重さで袋口がしぼられて中身が見えにくい設計です。マチがなく中身にフィットするので、入れる荷物を選びません。持ち手が長く肩がけできるので持ち運びもラクラク。いつでもバッグに入れておけるコンパクトサイズです。くるっと丸めてたためば、バッグの中で邪魔になりません。ちょっとしたお買い物にちょうどよい大きさ。たたむと手のひらに収まるコンパクトサイズのエコバッグです。

「エコバッグ忘れ」もなくなりそう

 日々のお出掛けに欠かすことの出来なくなったエコバッグ。忙しく帰宅し、あわてて買ってきた荷物を片付け、エコバッグをきれいにたたんでまたかばんへ。この「きれいにたたんで」というちょっとした行為に毎日ストレスを感じていた。
 「Shupatto コンパクトバッグ」はこの「きれいにたたむ」の手間をスッキリ解消してくれる商品だった。左右に引っ張ることで一気に平らにきれいにたため、クルッとまとめてパチン! しかも軽くて小さい。すぐにたたむことができるので、いつものかばんにその場で戻せるため「エコバッグ忘れ」もなくなる。

Shupatto コンパクトバッグ
山口三千代さん提供

 そして気になるバッグの大きさ。こちらも予想を上回る大容量でかなり入る。開く時もサッと広げるだけで良く、手間いらず。最初「これ、荷物が横から出ちゃう? 」と思いきや、荷物の重さでバッグが下がり、サイドをホールドしてくれ、中に荷物がしっかり入ってくれるので、安心感があった。また程よい幅の手提げひもで、手持ち、肩かけともに快適です。

Shupatto コンパクトバッグ
山口三千代さん提供

 また、他のエコバッグと違い、マチのサイズが決まっていないので、ケーキの箱や、おすしの大きな平たい正方形の容器もきれいに入り、持ち歩きできた。この点については私の想定外の要素でかなりの評価UPです。

Shupatto コンパクトバッグ
山口三千代さん提供

 最後に撥水(はっすい)について。使用時、内側の撥水については、水滴が布地にしみ込むことは無かったが、外側の水はじきが悪く、布地にしみ込んだ。

Shupatto コンパクトバッグ
山口三千代さん提供

 実は、このバッグのマチの自由度とホールドの良さで、雨天時の革製かばんのカバーに使用したいと思っており、外側の撥水加工もあると、より良いと思った。
(茨城県 山口三千代さん 50代)

中身に合わせて持ち手が適当な長さになるのも便利

 今までエコバッグを使うたびにストレスになっていたのは「使い終わったあと元通りにたためない! 」ということでした。しかしこのShupattoコンパクトバッグはその名の通り、一瞬で気持ちいいほどシュパッと元通りになります。おかげでストレスフリーです。
 そしてこのなんとも不思議なじゃばら織りの底辺のない形状のおかげで、玉ねぎに長芋にトマト缶にみそ・・・など、重い物をたくさん買った日にも、行くときはポケットに入れていた小さな袋にすべての商品が余裕ですっぽりと収まり、楽に持ち帰ることができました。

Shupatto コンパクトバッグ
片山敦子さん提供

 荷物を詰めたあとのコロンとしたシルエットがまた可愛い。持ち手が中身の重量に合わせて適当な長さになるところも便利です。
 エコバッグは清潔であることも重要な条件の一つですが、その点でもこのコンパクトバッグは洗濯可能で乾きやすい材質であるのはありがたいことです。ただ、生地が薄いため耐久性に関しては少し心配ですが、これから長期の使用を続けて確かめていきたいと思います。

Shupatto コンパクトバッグ
片山敦子さん提供

 サイズや形もいろいろなバリエーションがあるそうなので、目的に合わせて使い分けるために、ぜひ別のタイプもそろえたいと思いました。レジ袋が有料になり、買い物にはエコバッグが必需品という今の世の中だからこそ、このように使いやすさを重視したこまやかな工夫のある商品がこれからも増えてほしいと思います。
(千葉県 片山敦子さん 60代)

広げ方・たたみ方の簡単さが想像以上に楽ちんで感動

 これまで食料品の買い出しには、二つのエコバッグを使い分けてきました。量少なめと見込んだ日は、タテヨコ各35センチ、マチ幅10センチのコットンバッグ。多めの日にはタテヨコ32×25、高さ23センチの四角い保冷機能付きバッグ。前者はうっかり買い過ぎると入りきらなくなって有料レジ袋追加に追い込まれることが時々あり、後者は店内カゴにそのまま入れられるのは便利なのですが、形の融通がきかないので、かさばるわりには容量不足。何より、両方とも見た目があまりおしゃれじゃなかったのです。
 Shupatto コンパクトバッグは、まずビジュアルがいい。収納時と広げたときとのサイズの差に驚かされます。広げ方・たたみ方の簡単さは動画でわかっているつもりでしたが、想像以上に楽ちんで感動しました。

Shupatto コンパクトバッグ
嶋 真理さん提供

 今回の買い物はストック用の乾物や調味料などが主でしたが、700グラム入りの袋入りスパゲティやプレーンヨーグルト、1キロ入りのブロックアイスなど、かさばり系の品が複数まざっていて、袋詰めする前は正直「Мサイズだし、さすがに入らないかも・・・・・・」と心配でした。ところが実際は余裕! すっきりおさまって口がしまり、持ちやすくて、コロンとした形がかわいい! これからガンガン愛用します。SサイズとLサイズも欲しくなりました(笑)
(東京都 嶋 真理さん 50代)

シュパッ!! そして、くるくるくるパチンでOK

 ずっと気になっていたShupattoコンパクトバッグ。初めて手に取り、開いてみたときの感想は「あれ? 小さい」でした。
 かばんにポイといれ、早速お買い物へ。行く先はいつものスーパーです。トマトに牛乳、食パンにたまご、ホウレン草も欲しい、なんて次々とお買い物を続けていると・・・・・・。はっと気がついたのです。エコバッグ、小さくなかった? と。
 でも、入れ始めたら面白いように入ります。小さく見えてすごい収納力。持ちやすく、重さも苦になりません。

Shupatto コンパクトバッグ
高橋有実さん提供

 家に帰り、買ったものをしまい、さぁ、Shupattoの腕の見せどころ。
 両端を持って、シュパッ!! そして、くるくるくるのパチン。これで収納できちゃうなんて、とっても便利。ぜひ皆さんにも使ってみてもらいたい逸品です。
(東京都 高橋有実さん 50代)

ポケットに入る大きさが良い 収納容量がもう少しあれば・・・・・・

 山梨県のスーパーのレジ袋は全国より5年以上前に有料でした。私は以前から色々疑問点があり、有料のレジ袋を使っていました。
 疑問点の一つは商品からの「液漏れ」です。スーパーのレジのお姉さんが、液漏れしそうな商品には、取っ手のない無料のポリ袋をすごい早さでセットします。レジ袋が無料の時には、そんなサービスはありませんでした。また、自称環境専門家のおばさんは、自分のエコバッグが汚れるのを防ぐため、二重、三重にポリ袋をかぶせ、大量に使っています。無料のポリ袋を多く浪費するのは、そもそもレジ袋を減らす目的に合いません。今まではレジ袋が無料だったので気にならなかったわけです。こんな状態が続いていましたが、全国的に有料化になり、レジに並ぶおばさんに非国民みたいなことを言われたので、私もエコバッグを使うようになりました。関係のない、紙製の袋の有料化も進み、原価の2倍近くつける店もあります。難しい問題ですね。
 普段、バッグを持たないので、エコバッグの大きさは重要です。ポケットに入らないといけません。エコバッグはおばさんたちが使う前提なので、こんな小さなエコバッグはあまりありません。あっても写真のように無理に収納するのでヘタリが出て見栄えが悪いです。このコンパクトバッグはそれがなくて大変すばらしい。

Shupatto コンパクトバッグ
鈴木謙作さん提供

 男性がスーパーで買う時は、買った品の液漏れはあまり気にしませんが、万一、商品の液漏れがあっても対応できるエコバッグである必要があります。最初に使ったのは光の透過度が高く、エコバッグの汚れが気になりました。今回のコンパクトバッグはこれも気になりません。
 あとは収納容量です。少し小さいかもしれません。これはポケットに入る大きさを取るか、収納を取るかの選択ですね。
(山梨県 鈴木謙作さん 70代)

 このレビューは、読者会議メンバー限定モニタープレゼント企画の当選者に感想を寄せていただいたものです。

  • この連載について / みんながモニター

    Reライフ読者会議では、話題の商品をプレゼントし、登録メンバーにモニターしてもらう企画を開催しています。実際に使ってみた感想やアイデア、改善点など、暮らしのなかで感じた商品レビューが寄せられました。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP