97%が老後の生活に不安 「何からどこから手をつければ」悩みも

「老後の備え」アンケート結果(上)

2021.05.19

 人生100年時代を迎え、老後の生活への関心が高まっています。朝日新聞Reライフプロジェクトが、「老後の備え」に関するアンケートを実施したところ、回答した読者会議メンバー365人のうち、97%が病気や収入など将来の生活に不安を感じていました。一方で2割の人が老後に向けて準備や検討をしていないと回答。「何から手をつければよいのか」といった悩みも寄せられました。

老後の備えイメージ

健康面への不安が上位に

 将来の生活について不安に感じることを複数回答で聞いたところ、全体の97%に当たる354人が何らかの不安を抱えていました。

老後の生活で不安に感じることは?
(365人が回答、複数回答)

 不安に感じるのは、「自分が病気になること」277人(76%)、「介護が必要になること」268人(73%)、「認知症を患うこと」248人(68%)の順で、健康面への不安が上位にあがりました。
 東京の50-54歳女性は「自分も年を取るのに親の介護も必要になる」と、「老老介護」へ不安があるといいます。 

 「社会とのつながりが希薄になる」も121人(33%)が選びました。回答者の54%が会社や団体、官公庁や自営業など現役で仕事をしており、退職後への不安を感じている人もいるようです。

 「収入が減ってしまうこと」「資産が予定より早く枯渇(こかつ)してしまうこと」といった財政面への不安も、それぞれ3割以上の人があげました。
 話題になった「老後資金2000万円不足」問題を意識して、「本当に2000万円で足りるのでしょうか?」(兵庫、60-64歳女性)という人も。「70歳以降、仕事はあまりない、できない、収入は年金のみ。夫婦2名での生活費をどのように考えればよいのか?」(栃木、60-64歳男性)と不安を訴える人もいました。

「終のすみか」選びで悩む人も

 老後の備えで準備・検討していることでは、「自分の荷物の片付け」185人(51%)が最も多くあがりました。テレビや雑誌の特集で「親や実家の片付け」「断捨離」が話題になり、意識している人が多いようです。

老後の備えとして準備・検討していることは?
(365人が回答、複数回答)

 次に多かったのは「エンディングノートの作成」123人(34%)でした。
 「夫と話し合いながら、エンディングノートを書き終えたところです。夫と私、それぞれ1部ずつ作りました。後は遺影の写真を選ぶだけ。葬儀(場所決定)、樹木葬(購入済み)、銀行(1行にまとめた)、諸手続き(連絡先記載済み)、証書等(保管場所明記)記入してあります」(千葉、70-74歳女性)と、着々と準備を進めている人も。

 「財産をまとめておく」「家族との話し合い」「遺言書の作成」「保険加入や見直し」を準備・検討している人が続き、「不動産売却や住み替え」65人(18%)では、「終(つい)のすみか」をどうすべきか、悩む回答が目立ちました。

 東京の70-74歳女性は「健康である間はおひとりさまで良いですが、病気になると困ります。必要な見守りや介護などケアを受けられる高齢者用ホームに転居することを考えていますが、今のマンションを売却し、終のすみかに移ることになるので失敗はできません。問題はホームが将来にわたり信頼できるところかどうかです」と情報を求めていました。

 同じ東京の60-64歳女性は「退職してまもなく自宅のある香川県に戻る。公共交通の便が悪く、将来どこで暮らすかが最も気になっている。高齢者施設への入居は考えていないため、現在の家を住みやすくリフォームするか、交通の便のよいところに転居するかを悩んでおり、それに伴う金銭的負担も気になっている」といいます。

 自宅を担保に金融機関から借り入れ、利息のみ返済し、契約者の死後に自宅を売却して返済する「リバースモーゲージ」や、自宅を売却後に家賃を払って住み続ける「リースバック」を検討する人もいました。
 神奈川の55-59歳男性は「自宅のローンが残り、リバースモーゲージやリースバックも考えているが、条件が合わなかったり、最終的に残債があると負債が相続されたりと思うとなかなか判断できない」と悩んでいました。

2割の人が「準備・検討せず」

 「特に準備・検討していることはない」という人も75人(21%)いました。

 不安がないわけではなく、「あと1年で定年。何から手をつければ良いの?」(東京、55-59歳男性)と戸惑っている人もいるようです。

 また、「あまりに準備すべきことが多く、つい後回しにしてしまいます。何か系統だてて表にして、とりかかるようにできるものがほしい」(大阪、70-74歳女性)と訴える人もいました。

 調査は読者会議メンバーを対象にReライフプロジェクトのwebサイトで2021年4月21日~5月6日に実施。有効回答は365人(男性50%、女性50%)。年代別では、49歳以下9%、50代25%、60代40%、70代21%、80代以上5%。

<関連記事>

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP