<読者ブログ>

<連載> ひとことブックレビュー

おしゃれに限らず全てのことに自信をもって生きていけるように思えました

「おしゃれな人には理由がある 流行を超えて役立つ、着こなしルール62」を読んで/連載・ひとことブックレビュー

2021.06.03

 読者会議メンバーからブックレビューを募る企画に「おしゃれな人には理由がある 流行を超えて役立つ、着こなしルール62」を読んだ感想が届きました。おしゃれを楽しむことにとどまらず、生き方にまで刺激を受けたようです。

読者会議メンバーが読んだ本

  • 「おしゃれな人には理由がある」
  • おしゃれな人には理由がある
    流行を超えて役立つ、着こなしルール62
    石田純子(著)
    出版社:三笠書房

     おしゃれはセンスや感性だけで勝負するものではありません。きちんと計算された「法則」があり、それさえ知っていれば、誰でもなりたい私になるおしゃれを手にすることができるのです。人気スタイリスト石田純子さんが教える、流行を超えて役立つ着こなしルールが満載。若作りにならない、若々しいスタイリングを学べます。

わくわくしながらおしゃれを楽しみたい、そんな気持ちになりました

 50代を迎えた私はどんな服を着てもぱっとせず、「おしゃれは、もう終わりかな」とあきらめていましたが、この本を読んで、「いや、まだまだ、これから」と、おしゃれに限らず全てのことに自信をもって生きていけるように思えました。
 石田さんがおっしゃっているのは、「こんな服を着たら・この色を着たらどう見えるか、自分を客観的に見つめることが大事。『色と柄』『コーディネート』『小物づかい』などにルールがある」ということ。そして、私が一番なるほどと思ったのは、「『私らしさ』の思い込みが、おしゃれの邪魔をする」ということ。年齢を重ねるとどうしても守りに入ってしまいますが、「洋服には、『私』を解放する力があります」という石田さんの言葉を胸に、わくわくしながらおしゃれを楽しみたい、そんな気持ちになりました。
(京都府 土井田万里さん 50代)

今まで体験して来なかった世界への興味で一気に読破できました

 おしゃれって何?と思いながら本書を開き、著者の「はじめに」で、「おしゃれは理性的なもの」と気付かされ、62の「法則」にクラクラしながら読みました。ファッション界の用語や装飾に関するカタカナ名称など、初めて触れる言葉が多く、理解は十分で無い所も多かったのですが、著者の意見に共感する所もあり、今まで体験して来なかった世界への興味で一気に読破出来ました。
 特に、chapter2「色と柄」を着こなすヒントの「法則11・12」は、同色系や黒系を好んでいた私に、反省と新たな視点を与え、とても参考になりました。元々胸が貧弱、ドレッシーは苦手、という性質。清潔で、相手(その日行く場や会う人々)に不快感を与えず、自分が窮屈な思いをしない服装で通し、ずっと、おしゃれではないと思って来たので、「私も結構おしゃれな所が有ったのだ!」と驚き、「法則」を熟せばもっとましになるかも、と自信が湧きました。即実行します。
(東京都 水野眞由美さん 60代)

「私らしさ」の思い込みが、おしゃれの邪魔をする――人生でも

 昨年のコロナ禍での自粛生活。どこへも行けない。服は普段着3着あれば十分という日常生活。もう服はいらない、着ることの楽しみはない……と思っていました。
 今年に入って外出機会も増えました。街のショップには新しい服が並んでいる。閉まってしまったショップは多いけれど、装う楽しみはまだ残っている。こんな中で読んだ本でした。
 これからのおしゃれのヒントがいくつかあって一気に読みました。特に、トレンドとの向き合い方はとても参考になりました。「着ない洋服を、捨てなくてもいい」には、服の断捨離が進まない私は特に納得しました。
 「『私らしさ』の思い込みが、おしゃれの邪魔をする」にも納得。この考えは、生活から仕事など全てに通じることでもあり、元気なうちは思い込みにとらわれることなく、意外な発見や経験も面白く世界を広げると共感しました。素材を見分ける目を養うヒントも得ました。ブレーキをかけずに人生最後の時期を過ごしていきたいです。
(兵庫県 竹田ゆり子さん 70代)

試行錯誤を続けることがおしゃれになること、という哲学は魅力的

 著者のスタイリストとしてのキャリアと一般女性の感覚で書かれた、この「おしゃれ教本」は、普通の中高年女性がちょっとした努力をいとわなければ素敵になれるヒントがいっぱいでした。着こなしルールの中には、目からウロコ、私もそう思っていたなど、わくわくしながら楽しく読ませていただきました。試行錯誤をし続けることが、おしゃれになることだという、著者の哲学はとても魅力的です。数あるファッションの本の中でも、普通の中高年女性の多くが、首肯できる本だと思います。
(東京都 梅田玲子さん 60代)

<関連記事>

  • この連載について / ひとことブックレビュー

    Reライフ読者会議では、登録メンバーから本の感想を投稿してもらう企画を開催しています。メンバーが推薦する大人年代に読んで欲しい本、Reライフ編集部が厳選した新刊本など、読書好きのReライフ世代からのブックレビューを集めました。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP