「回数多い」51%、「夜中に何度も起きる」45% 9割が頻尿や尿漏れなど悩み

尿トラブル 読者アンケート結果

2021.07.16

 朝日新聞Reライフプロジェクトが実施した「尿トラブル」に関するアンケートでは、回答者280人のうち約9割の253人が頻尿や尿漏れなど何らかの悩みを抱えていることがわかった。「トイレが心配で外出を控える」「夜間に熟睡できない」など切実な声も寄せられ、QOL(生活の質)の低下が起きていることも明らかになった。

尿トラブルアンケート 尿の回数が多い 夜間に何度もトイレに起きる 尿漏れがある 突然の尿意がある 尿の切れが悪い 残尿感がある 悩みはない その他

 どんな悩みがあるかを聞いたところ、尿の回数が多い(51%)、夜間に何度もトイレに起きる(45%)、尿漏れがある(40%)の順だった。

 不安になる状況では、電車やバスの移動中(23%)、旅行や行楽中(19%)、睡眠中(同)、くしゃみや笑った時(11%)などがあがった。

 一方、対策は、対策していない(34%)が最多で、水分を控える(28%)、尿漏れパンツや吸水パッド、紙おむつ(24%)、骨盤底筋トレーニング(17%)など。医療機関を受診しているのは8%にとどまった。

(いずれも複数回答)

<関連記事>

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP