<PR>

コロナ禍だからできる! 片づけをお得にする方法

住まい方アドバイザー近藤典子さん×バイセル査定員髙橋裕太さん 特別対談

#PR
2021.09.21

 コロナ禍で家の片づけや整理を行う家庭が急増しています。そこで今回は住まい方アドバイザーの近藤典子さんにご登場いただき、片づけや整理のコツを伝授してもらいました。そして、不要になった服や着物をお得に処分する方法と、今人気の買取(かいとり)サービスの上手な活用法について、バイセルの査定員、髙橋裕太さんとお話ししていただきました。

バイセル主写真結合

衣替えの時期こそ絶好の片づけチャンス

髙橋 コロナ禍で家の整理をしたいけど、物が手放せず片づかないという話をよく聞きます。

近藤 その気持ち分かります。特に私たちの世代は物を捨てることに抵抗があるんです。だから片づけに伺っても、いきなり「捨てましょう」とは言いません。まずは持っている洋服を種類別にして、自分がいつ着るかイメージできる服とそうでない服に分けてもらいます。そこからさらに分ける作業を繰り返す。すると自然に必需品が残ります。「自分に必要な物を選んだ」という感覚になるんですね。

髙橋 ちょうど衣替えの季節ですし、衣類整理には絶好のタイミングですね。

時代を超えて譲り渡していく着物

近藤 ただ、いざ手放すと決めてもゴミとして捨てるのは嫌なんです。だから「他の方に譲るか、買取をしていただく手もありますよ」と言います。特にタンスの肥やしになりがちな着物は、一方で時代を超えてずっと着られるもの。次に生かしてくださる人へ譲り渡すという発想に切り替え、専門業者に託すのがいいと伝えます。そういう縁をつないでくれるはずだからと。

髙橋 そう思っていただけてありがたいです。バイセルの査定員になって6年目ですが、ただ商品を買取させていただくのではなく、お客様の大切な物と思いを次の方へ「つなぐ」ということを常に意識しています。

近藤 頼もしい。着物は高価で親から譲り受けることも多く、処分に抵抗感がある人もいます。でもそれだけに、着物を一度手放すと、心の負荷が軽くなって他の物も処分しやすくなる効果があるように感じます。

バイセル笑顔二人

出張買取サービスを利用すればメリット大

髙橋 着物を売る場合は持ち運びも大変なので、出張買取サービスをおすすめしています。

近藤 自宅なら移動しなくて済むから楽ですが、警戒心を持たれる方も多いのでは?

髙橋 もちろんそれは仕方ないこと。ですから滞在時間内でできる限りコミュニケーションを取るよう心掛けています。退室する際、どれだけお客様が心を開いて笑顔になってくださっているかが一番気になりますし、そこがやりがいでもあります。

近藤 そうやって査定員さんが思いを受け取ってくれるんですね。査定のための滞在時間はどれくらいですか?

髙橋 査定点数によりますが、約1時間半です。

近藤 丁寧ですね。品物を出される方の中には「こんな物を出すのは恥ずかしい」と気にされる方もいらっしゃるのでは?

髙橋 非常に多いです。そんな時は、値がつくと思っていなかった物がお金になって喜ばれた事例などをお話ししています。

近藤 着物って、見た目は豪華に見えなくても意外に高価だったりするんですよね。

髙橋 そうなんです。だから遠慮せずになるべく多くの物を出していただいた方がメリットもあると思います。もちろん買取が厳しい物は、きちんとした理由を添えてそうお伝えさせていただきます。

近藤 言いづらいことをしっかり話してくれる方がうれしい。一気に信頼感が高まります。

片づけは暮らしの整理と心のデトックスになる

髙橋 お客様の中には買取サービスを利用して入ったお金で食事や旅行を楽しむという方もいれば、とにかく家がスッキリしたと喜んでくださる方も多くいらっしゃいます。

近藤 片づけは暮らしだけでなく心の整理でもあるんです。そういう意味で髙橋さんはカウンセリングに近いことをなさっておられる。家だけでなく気持ちもスッキリという心のデトックスになっている気がしました。

髙橋 うれしいです。私は近藤さんのお話を伺いながら、査定員の仕事と片づけは深い結びつきがあるんだと感じました。

近藤 私も出張買取サービスってワクワクさせてくれるものなんだなと改めて実感しました

《Reライフ読者会議メンバー対象「整理・収納」アンケートより》

アンケートから、2人に1人がコロナ禍の影響で片づけをしようと思ったことが分かりました。また、出張買取サービスにメリットを感じている人が多いことも分かりました。回答者数338人。

バイセルグラフ結合
バイセル査定員回答

  • バイセル近藤さん顔
  • 住まい方アドバイザー 
    近藤 典子さん
    こんどう・のりこ

    兵庫県生まれ。30年以上にわたり住まいや暮らしのお悩みを解決してきた近藤流のわかりやすい収納、掃除、間取りなど具体的な提案が好評。テレビやラジオ、雑誌などメディアでの活動や、講演会、商品開発など幅広く活躍。現在「住まい方アドバイザー養成講座」をオンラインにて開講中。著書は、「暮らしを整える 住まい方ハンドブック1巻.2巻」(東京書籍)など、累計部数400万部以上。

    • バイセル髙橋さん顔
    • バイセル 査定員 
      髙橋 裕太さん
      たかはし・ゆうた

      飲食店からバイセルテクノロジーズへ転職し、今年で査定歴6年目。仕事で心掛けているのは、お客様の気持ちに寄り添い、楽しく査定を行うこと。趣味は読書と映画鑑賞。既婚。現在29歳。

提供/株式会社バイセルテクノロジーズ
https://buysell-kaitori.com/
お問い合わせ電話番号:0120-350-295
24時間365日受付中

(企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局)

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP