<読者ブログ>

<連載> ひとことブックレビュー

橋田壽賀子節がテレビの外でも炸裂 人生の真実を示してくれる

「渡る世間にやじ馬ばあさん ~橋田壽賀子のことば~」を読んで/連載・ひとことブックレビュー

2022.01.06

 読者会議メンバーからブックレビューを募る企画に、「渡る世間にやじ馬ばあさん~橋田壽賀子のことば~」を読んだ感想が届きました。炸裂(さくれつ)する橋田節を親近感をもって読み、人生は気の持ちようでこんなにも素敵になると感じたようです。

  • 渡る世間にやじ馬ばあさん
  • 橋田壽賀子(著)
    出版社:大和書房

     「私、ミーハーなんです。ほとんど好奇心で生きてます!」――「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」の名脚本家は笑顔でおっしゃっていました。双子みたいな石井ふく子さんとの交流。41歳で結婚したご主人へのこまやかな情愛。家族・夫婦の絆、老いと死について。そして著者だから語れる「眞子さまの結婚問題」から「上野千鶴子さんへのお願い」、「渡鬼」「朝ドラ」「大河ドラマ」、ここだけの話まで。著者の声が聞こえてくるような元気な言葉がいっぱい。

誕生日が同じと知って一挙に距離が縮まり、一言一言自分のもののように感じました

 誕生日が私と同じ5月10日であることをこの本で知り、一ファンにすぎなかった私と橋田さんの距離は一挙に縮まりました。そのせいか橋田さんの一言一言が私のもののように感じられました。
 この本では次の三つの発言がきわめて印象的でした。
 まずひとつは、「男は甘えん坊のマザコン」。ここから夫を「妻コン」にしようという驚くべき提案がなされます。
 二つ目は、高齢社会を生き抜くには、お金がなによりも大切。スウィフトの『ガリバー旅行記』には、現代社会の苦悩を予示するラグナグ国の不死人間が登場しますが、橋田さんの発言は、特に私たちのような後期高齢者の胸に痛く突き刺さります。
 そして最後は、夫婦をつなぐのは愛よりも情けです。熱愛の末に結婚した夫婦がいとも簡単に離婚する昨今、この言葉は非常な重みを持っています。
 この本は私(たち)に人生の真実を示してくれています。橋田節はブラウン管の外でも炸裂していました。
(長野県 白井義昭さん 70代)

人生は気持ちの持ちようで、こうも素敵に過ごせると教えられました 仲間に勧めます

 色々考えさせられ二度も読み返しました。
 明るくて前向きに人生を過ごされた日々の思い出をつづった機知に富んだ豊かな文面に、時間を忘れて読みました。同じ人生を過ごしても、気持ちの持ちようでこうも素敵に過ごせることを教えられました。
 本やテレビドラマで見ました数々の橋田壽賀子さんの作品。「愛と死を見つめて」「おんな太閤記」「となりの芝生」「ハルとナツ 届かなかった手紙」「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」など。いずれの内容も思わずの笑いと涙無くしては見られなかったです。私の人生訓として、残された日々の支えとなっています。
 コロナ下で出掛けることが少なくなって、巣ごもりの講座の仲間(20人余)と本の回し読みをしています。私一人で読むだけでなく、仲間の皆さんに読んで頂きたく、グループに届けます。
 最後に橋田壽賀子さまのご冥福を心より願いながら……。   
(兵庫県 小室和美さん 80代)

この世に似た人が3人いると言われますが、橋田壽賀子さん、泉ピン子さん、私では

  この世に似た人が3人いると言われます。橋田壽賀子さん、泉ピン子さん、残るは私ではないかと。
 表紙のイラスト見て驚くやらおかしいやら。骨格も多分同じなのでしょうが、頭の構造も同じ。あらゆる場面で考えることが同じ。
 あの偉大な『渡る世間は鬼ばかり』を作られた方と私の思考も近くて光栄。そして私もミーハーだけど、ちょっと違うのがジャニーズ系と大谷翔平選手との差。
 終活をきちんとされ、何より後悔の無い人生を送られたとのこと。今春旅立たれた人生に、私も少しでも近づけるように日々生きていきたいと願いながら、読み終えました。
 あの世というところがあり、もしも、もしも橋田壽賀子さんを探すことが出来るなら、一緒に豪華クルーズ船に乗り、南極に寄り道し、渡瀬恒彦さんのサスペンスを見て「香取君より、大谷くんが好き!」と語り合いたいです。もちろん、泉ピン子さんも一緒の3人旅で。
 最後になりましたが、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
(兵庫県 宮崎治代さん  60代)

  • この連載について / ひとことブックレビュー

    Reライフ読者会議では、登録メンバーから本の感想を投稿してもらう企画を開催しています。メンバーが推薦する大人年代に読んで欲しい本、Reライフ編集部が厳選した新刊本など、読書好きのReライフ世代からのブックレビューを集めました。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP