<連載> べんの博士のウンチ講座

第5回 腸内細菌はお母さんから赤ちゃんに引き継がれる

いま知りたい! 腸活のための基礎知識 / 腸内細菌はどこからくるの?

2022.04.01

 お母さんのおなかにいる胎児の腸内の細菌数はとても少ないのです。では、人間の腸内細菌はどこからやってくるのでしょう。腸内にすてきな環境を作ることは、健康の第一歩です。ウンチ博士として知られる一般財団法人辨野腸内フローラ研究所理事長の辨野義己博士が、エキサイティングなウンチと腸の世界を紹介します。

【べんの博士のウンチ講座】の記事一覧はこちら

べんの博士のウンチ講座

お母さんの腸内環境が子どもに影響

 自然分娩(ぶんべん)の赤ちゃんは、産道でお母さんの細菌をもらい受けて生まれてくるのです。もちろん、生活環境の中で獲得する細菌もあります。しかし、母親の腸内で善玉菌が優勢であれば、生まれた子どもの腸内環境も善玉菌優勢になる可能性が高いといえます。

 腸内細菌の母親から子への伝搬を考えるとき、2万人の腸内細菌を調べてきた私にとって、いまの若い女性のウンチの状況は、本当に不安でなりません。

 あるエピソードを紹介します。

 クール宅配便で厳重に包まれた荷物(中身はウンチですが)を開封して容器を開けたとたん、どう表現していいのか分からない強烈な臭いが漂ってきました。形は石のようにコロコロしています。そのうえ、層ができていました。層ができているということは、何日分かのウンチが重なっていることを示しています。

 通常、健康なヒトのウンチは80%前後の水分が含まれている半練り状です。水分が70%になると、かなりひどい便秘のウンチといえますが、届いたウンチの水分量はなんと60%しかありませんでした。

 腸内細菌を調べると、悪玉菌が超優勢で、ビフィズス菌などの善玉菌がほとんど検出されないという恐るべき代物でした。

お菓子ばかり食べていても、ウンチは出ない

 ウンチの主は一人暮らしの20歳の女性でした。生活は不規則で、おなかが空いたらお菓子だけを口にしていたそうです。「お菓子しか食べない。あとはペットボトルのジュースかな」と話していました。なるほど、それでは食物繊維は不足します。ウンチの中の固形物の素がないわけですから、便意を感じなくなりますし、便秘になるわけです。この女性に限らず、若い女性には「臭くて硬い」ウンチが多いのを実感しています。

 女性のウンチを調べてわかったことは、およそ半数は3日間以上排便がない便秘で、1週間に1度しか排便しないというケースも珍しくないことです。また、便秘に悩む女性のなかには、間食でスナック菓子を食べていて、喫煙や飲酒の習慣があまりない人が案外多いこともわかりました。食物繊維が豊富なご飯を主食としている人より、パンをよく食べる人が便秘がちとなることもわかっています。

出産を予定している女性こそ腸内環境に気を配って

 出産を予定している女性に、声を大にして言いたいのは、「あなたの食生活や生活習慣が、生まれてくる自分の子どもの一生を左右するということを意識してほしい」ということです。善玉菌が多い、良好な腸内環境のためには、悪玉菌を抑えるヨーグルトなどや、善玉菌のエサとなる食物繊維、オリゴ糖を十分にとりましょう。

 もちろん、どのような食生活をおくるかによって、ヒトの腸内の環境は変わり、腸内細菌も変化します。しかし、後の腸内環境の変化にも増して、最初の手持ちの菌が一生の腸内環境を左右すると言っても過言ではありません。妊娠・出産時期の母親の腸内環境は非常に大切なのです。

 「あなたのウンチは子どもに引き継がれるんですよ! 」

 よく考えてみてください。

 次回は、腸年齢のお話です。

辨野博士の本

  • 辨野先生の本
  • 「腸内細菌」が健康寿命を決める
    出版社:集英社インターナショナル

    著者の研究秘話とともに、腸内細菌に関する最新知識を解説。腸内細菌がいかに健康・美容と深くかかわっているのか、理想のウンチの作り方から研究の最前線まで、楽しみながら健康知識をウンと高められるオモシロウンチエッセイ!

  • 辨野義己
  • 辨野 義己(べんの・よしみ)

    一般財団法人辨野腸内フローラ研究所理事長 国立研究開発法人理化学研究所名誉研究員

    1948年、大阪生まれ。酪農学園大学獣医学科卒、東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ。同研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室長、同研究所辨野特別研究室特別招聘研究員などを歴任して現職。半世紀にわたって腸内環境学・微生物分類学の研究に取り組んでいる。「『腸内細菌』が健康寿命を決める」(集英社インターナショナル)、「大便力」(朝日新聞出版)、「大便革命」(幻冬舎新書)、「長寿菌まで育てる最高の腸活」(宝島社)など著書多数。

  • この連載について / べんの博士のウンチ講座

    腸内にすてきな環境を作ることは、健康の第一歩です。ウンチ博士として知られる一般財団法人辨野腸内フローラ研究所理事長の辨野義己博士が、エキサイティングなウンチと腸の世界を紹介します。

関連記事

あわせて読みたい

おすすめ記事

PAGE TOP