炭水化物抜きダイエットは安易? 腸の大切さを知らされる

【朝日新聞ReライフFESTIVAL2019】「大村昆さんと学ぶ健康“腸”寿」セミナーを聴いて

 

f:id:relifeblog:20190325115355j:plain


 

「日本人の大腸は劣化している。大腸の不調は全身のトラブルへと繋がる」。3月1日に開かれた朝日新聞ReライフFESTIVAL2019のセミナー「大村昆さんと学ぶ健康“腸”寿」は、帝京平成大学教授松井輝明さんの腸に関するお話から始まった。

 

大腸の劣化は、腸内で「短鎖脂肪酸」という物質が減ることが要因だそうだ。それを増やすにはバランスのよい食事、水溶性食物繊維と一緒にビフィズス菌をとるといいらしい。最近太り気味の私は、はやりの炭水化物抜きダイエットで何とかできないかと安易に思っていたが、間違いだと気付いた。

 

その後、大村崑さんが登壇。まさに元気はつらつ、87歳と聞いて驚いた。お若い。崑さんは30年前に大腸がんを経験された後「よく噛む」「何でも食べる」「筋肉を鍛える」を実践しておられる。松井さんから「40歳を過ぎたらダイエットはダメ!筋肉を鍛えることが大切」とのお話。崑さんのようにスクワットはできないけれど、エスカレーターを使わずに階段を使う程度の簡単なことから始めたい。

 

大腸の劣化は自身が招いており、腸内環境を整えることで顔色もよくなり、お肌もつやつやになるという。もちろん定期的な検査も大事。人生100年、これからの人生を崑さんのように笑顔で明るく楽しみたい。健康は自分で作る。腸の大切さを改めて知る貴重な時間だった。早速帰りにヨーグルトを購入した。自分に合うかどうか見極めるために、まずは2週間続けるといいらしい。効果が楽しみだ。

f:id:relifeblog:20190320172616j:plain

(読者リポーター・桑原三奈子)